FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
コガマ池の小蒲と小蛾
7月2日にコガマ池を覗いたら、コガマの穂が出始めていました。穂の先の方が雄花のまとまり(雄花穂:ゆうかすい)で、すぐ下の薄緑のまとまりが雌花(雌花穂:しかすい)です。
RIMG3438.jpg RIMG3464.jpg RIMG3460.jpg
早く出た穂  雌花穂(まだ開花前か) 雄花穂(もう花粉をとばしていた)

雄花から飛ばされる花粉は、「穂黄蒲黄:ほおう」と呼ばれ、傷やヤケドの薬として古くから用いられていたそうです。古事記の「因幡の白ウサギ」の話に出てくる「蒲の穂わた」と後に歌われているのは、本当はこの雄花の花粉だそうで、秋に熟れてできる雌花の穂のワタ状のものではないとのことですよ。
7月8日レインボーさんのご指摘で、上文章1行目、穂黄を蒲黄と訂正いたしました。レインボーさん、ありがとうございました。

去年のコガマの穂も並べて写真を撮ってみましたので、新旧を比べてみてください。
RIMG3463.jpg
古い穂と今年の穂2本

それから2015年2月の観察会にお出でだった方へ、記憶力テストです。
刈り捨てられていた蒲の穂を分解していたら、蛾の幼虫が出てきたのを覚えておられますか。
名称未設定-2
穂の中から出てきた蛾の幼虫

その後すぐ、穂を数本持ち帰り容器に入れていたら、その年の6月初めに小さな蛾が羽化してきました。いろいろ調べてみると、ガマトガリホソガというカザリバガ科の蛾のようでした。

RIMG1576.jpg  RIMG3466.jpg
蛾の成虫(開長20mm)   蒲の穂綿と蛹の殻

専門の方に確認をお願いしたのですが、なかなか返事がもらえず今日に至りました。それで同定はあきらめて、遅れましたが、皆さんにこんな蛾がでましたという事だけをお知らせしておきたいと思います。

久留米のG

自然観察全般 | コメント(0) |permalink
潜る蝸牛と遭遇
6月26日、赤米のポットに2匹のカタツムリを見つけました。小さな方は、殻の直径が17mm程のものです。
これが、水の中に潜っていました。カタツムリは陸貝なので水に潜ることはないと思っていましたので、驚きました。

私が、赤米の苗を植える前に石灰を撒いていましたので、もしかしたらカルシュウムの補給のため潜って摂取しているのかなと考えました。潜る原因をご存知の方(考えてみた方)がおいででしたら、是非コメントを書いて頂けませんか。

ポットの横で休憩中の小さい方 小さい方の大きさ
RIMG3415.jpg RIMG3418.jpg

6/26夕方小さな方が水中にいるのを発見 夜間の2匹
RIMG3396.jpg RIMG3399.jpg

6/27水中から目玉だけ出ている   大きな方も水際までは近づいていた
RIMG3401.jpg RIMG3402.jpg

6/28朝、この日も潜っていた   15分後に見たがまだ潜ったまま
RIMG3411.jpg RIMG3414.jpg

15時ころまたもぐっていた
RIMG3416.jpg RIMG3417.jpg

久留米のG

軟体系 | コメント(2) |permalink
ニホンアカガエル
今年はニホンアカガエルに、いつも以上に出会いました。本種は、両生類アカガエル科の日本固有種です。主として、低地・丘陵地の林縁部に生息していますが、近年の宅地造成などや、湿地や山間部の水田域の乾燥化で産卵適地が次第に失われてきています。

本種は、スマートな形のカエルで、背中は赤褐色、暗褐色、黄褐色で、背面の左右に淡色の細い隆条が、ほぼ並行して走っています。また、基本的には水辺から離れた林などで生活します。

まず、冬から早春にかけての雨天の夜間に、水田や溝などの浅い部分に産卵します。コガマ池もその適地になっているようです。
水の中で、卵(1塊りに1000個ほど)~幼生(おたまじゃくし)となり、5,6月には変態して上陸。

幼体としてしばらくは、近くの林内などで生活し、1,2年で成熟するそうです。(福岡県レッドデータブック:種の解説を参照いたしました)

2/18コガマ池の卵塊(今年の初見)
RIMG2827.jpg

5/5コガマ池そばの草地(親ガエルか) 6/12コガマ池そばの幼体
RIMG3128.jpg RIMG3289.jpg

6/16資料館裏の草地の幼体  6/20コガマ池そばの幼体  6/23コガマ池そばの幼体(かなり大きい)
RIMG3328.jpg RIMG3351.jpg RIMG3385.jpg

久留米のG



両生類(カエル) | コメント(0) |permalink
私は誰でしょう
1  幼虫の頭部を見ると、毛の生えたニャッキ―みたいです。
RIMG3324.jpg

2  蛹にも部分的に毛が生えています。
RIMG3320.jpg RIMG3326.jpg

3  蛹を頭部からアップするとオットセイかアザラシのように見えました。
RIMG3325.jpg

4  幼虫は広食性で、ほとんどの木や草の葉を食べます。
RIMG3323.jpg

5  年1回7~8月に、羽化します。卵越冬(卵の中で1齢幼虫になっている)です。

6  成虫の♂が、ヒラヒラと舞うように飛ぶところからついた名前です。

7  ドクガ科に属する蛾です。

答えは・・・・6月25日 画像追加しました。 ⇒ 続きを読む
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
6月2日の観察会
早くに画像をいただいていたのですが、遅くなってしまいました。 当日は青空だったようですね。代表は参加できなかったので、残念でした。 当日観察したものの一部です。画像のみで失礼。
RIMG3232.jpg

!cid_part3_BA62E8CC_07D09734@gmail.png !cid_part1_71DB590A_76579FAF@gmail.png 

!cid_part1_FC1390F8_F79A93BC@gmail.png !cid_part3_8CC95744_92C83BEB@gmail.png

!cid_part5_DABF6699_FB496012@gmail.png !cid_part7_27E707B6_CDD8A8F2@gmail.png 

RIMG3245.jpg 名称未設定-1

画像協力いただいた久留米のGさん、N田さん、M原さん、参加された皆さん、
ありがとうございました。

代表M




観察会 | コメント(0) |permalink
back | home | next