FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
私は誰でしょう?(植物編)
4月11日 バラ科の種をまいてみました。 その前に10日程、種を冷蔵しました。(春化処理)
RIMG4538.jpg

4月26日 ようやく芽が出始めました。
RIMG4361.jpg RIMG4363.jpg

5月13日 本葉が出てきました。
RIMG4496.jpg

5月23日 本葉が2枚になったので鉢に移しました。
RIMG4539.jpg

実がなるのはいつでしょうかね。


⇒ 続きを読む
植物 | コメント(0) |permalink
マルカメムシの産卵
庭では、メジロたちの巣立ちも落ち着いたようです。そのフェンス際、いつの間に入ってきたのか、クズのツル、マルカメムシたちが交尾をしたり、汁を吸ったりしています。
ツルの先や、葉裏にも、彼らの卵が沢山ついていました。白っぽい卵、産みたてかなと思って別のツルの先をたどると、いました、産卵中の♀が。卵はコンニャクみたいな感じででてきています。
マルカメムシの卵-1 マルカメムシ産卵-2

ちょっと失礼して後ろから。 卵はフタの部分(ぎざぎざが有る方)が最後にでてくるんですね。よくもこんなきれいで複雑な形になるもんんですね。不思議です。ゆっくりゆっくり、1個ずつ産み付けていきました。
マルカメムシの産卵-6

いいかげんにクズを処分しないと大変なことになりそうです。(笑い)

代表M
その他の昆虫 | コメント(0) |permalink
勝手に連動テングチョウ
今週はテングチョウを大量に見ましたんで「三国ブログにアップしーよー」と思ったら久留米のGさんがテングチョウ記事を!
カブるもんですねー(汗)

今年はテングチョウのオモテ年ちゅうか、大当たりなんでしょうか。
鹿児島県でなんですけど、そりゃもういましたとさ。
数100頭は見ました。おかげでエノキというエノキは葉っぱがチュルチュルで何の木かよーわからんようになってました。
中でも大漁の場所があって、
1905tenguchos6924.jpg
こんなふうでした。わかりますかぁ?
山辺の資材置き場跡のようなところでコンクリート破片とか花崗岩崩れみたいなのがあつような裸地です。
赤いのはホルトノキの落ち葉でしょうか。その合間に茶色っぽいのが点々とありますが、これが全部テングチョウ。
ここだけでも100頭くらいいましたが、どこへ行ってもとにかく飛んでいるのは主にこれでした。
他のチョウも好調だったんですが占有度ブッチギリでした。
いわゆる大量発生ではないかと思います。
1905tenguchos6927.jpg 1905tenguchos6929.jpg
1905tengucho6932.jpg 1905tengucho6936.jpg
下2枚をご覧くだされば「天狗蝶」の名の由来がわかると思います。
触覚を地面に向けてミネラルを貪っているのでしょう。
車の窓を開けて止めてしばらくすると車内で4-5頭飛び回ってるし。こういうのは初めてですね。

三国あたりでもそう珍しいチョウでもなく普通にいますが、それほど大量にいませんし、幼虫の食べ物がエノキなどといった「樹木」で、高いところにもよくいますので、それほど目につかないのかもしれません。小さめですし、翅を立てていると地味ですしね。
見上げる木々の枝先によく止まってます。地面にもよく降ります。車にも割とよく止まります。
せっかく記事で話題になりましたんで見つけてみてくださーい。

○管理人M
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(1) |permalink
私は誰でしょう?
①5月1日九歴裏のフェンスに2cmほどの青虫がぶらさがっていました。
RIMG4408.jpg

②翌日蛹になりました。
RIMG4432.jpg RIMG4465.jpg

③5月12日無事に羽化しました。
RIMG4477.jpg


⇒ 続きを読む
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(1) |permalink
葉陰と地面で
ハイ、夏立ちましたね。気温もぐっと上がってます。
庭の話で恐縮です。

こんもりと茂った葉の中はヒナを隠すにはもってこいですね。ここ数日メジロたちが巣立ちビナを連れていて、とても賑やかです。
小さな巣の中でひっつきもっつきして育ったヒナ、巣立ってもまだくっついています。餌をもらおうと翼を震わして鳴いていたり、また、「もう独り立ちしなさいバチバチバチ」と追い返されたり。
mejiro-12.jpg mejiro-11.jpg mejiro-13.jpg

コナラの木陰の地面では、ジカバチが大きなエダシャクを運んでいました。ジカバチの幼虫の餌はハスオビエダシャクの終齢幼虫のようです。このエダシャクは春に羽化して卵を産みます。今いる幼虫はこれから蛹になって来春羽化ということのようですが、地面に潜るためにコナラから降りてきたところだったのかもしれません。ジカバチの巣穴は芝生の端にあるモグラ塚の跡。ここに穴を掘って入り口は仮閉鎖(余計なものが入らないように入口をふさぐこと)してあります。
jikabachi-1.jpg jikabachi-2.jpg jikabachi-3.jpg

巣穴に着くと、一旦芋虫を横に置きます。そして、ふさいでいた土くれや石ころなどを穴から運び出します。それにしても自分の頭より大きなものも利用していたとは驚きです。
jikabachi-4.jpg jikabachi-5.jpg jikabachi-6.jpg

石ころなどを出してしまうと、芋虫をくわえて中に引きづりこみます。
jikabachi-8.jpg jikabachi-9.jpg

芋虫が入ってしまってしばらく出てきません。この間に獲物に卵を産みつけているはずです。

そして、また穴に石ころなどをつめていきます。 何度も何度も行ったり来たり、別のところに石を持っていったり、また脚で後ろに土を飛ばしたり、こうして穴はわからなくなりました。 
jikabachi-10.jpg jikabachi-11.jpg

この間もメジロたちがチイチイ鳴いたり、ピタッと鳴きやんだり、上の木立ちは賑やかでした。

ジカバチの名前の由来である羽音のジジ、ジジ、ジー、ジー、ジというのを聞いてもらいたくて、動画を撮っていたのですが、認証IDなるものができたようで、アップロードできませんでした。ちょっと残念。

代表M



自然観察全般 | コメント(0) |permalink
back | home | next