三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
アオサギの舌
N田さんからの投稿です。

21日に御笠川河川敷を散策して来ました。

とても暑い日だったので 口を開けて身体を冷やしていたのでしょうか。
アオサギ:口の中(舌)を始めてみました。面白い(?)形です。
帰りがけに、急ぎながら一枚のシャッタ-だったのですが もう少し落ち着いて撮りたかったと思っています。

aosagi-1.jpg


野鳥 | コメント(1) |permalink
<< 武蔵鐙だ! | home | 「シャクトリムシ」の飼育 >>
Comment

管理者にだけ表示
面白いですね~
鳥の舌が長いのは知られていますが、こういうのはなかなか撮れません。特ダネですねー。日頃の鍛錬の成果かと。拍手~!
鳥のご遺体を時々見つけますが、舌がベローンと出たのもあります。でも嘴を開いて中を見たりしませんから、付け根の方の形状は見たことありません。図鑑にも「この鳥の舌は…」といった記述はないですよね。ネットではいろんな情報がありますが、間違いないのは鳥の舌の根本の方には骨の芯があるということ。どのあたりまで骨の芯があるかは種によっても違いそうですが、特徴的なことみたいです。芯が終わったあたりで段差やらツイストやら食べ物などによって形状がいろいろありそうな気はします。
2018/04/30 Mon| URL | 管理人M [ edit ]
| home |