三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
もう初夏ですね。
花粉も少し落ち着いたみたいで、久々三国の某所へ。
イカルやシジュウカラ、コゲラの声がしていました。
アラカシにはもう雄花がぶら下がっていました。別の株の葉裏をみると、虫こぶです。アラカシにはサカズキフシというものがつくのですが、おそらくこの2つはその寄生されて、虫こぶが変形したもの。長い方をもっと観察しようとしたところ、ポロリ、落ちてわからなくなりました。残念!
アラカシ-13  虫こぶ-2

ビロードイチゴには、久留米のGさんの観察にもあったタマムシが。カメラを近づけたら、ぷいっといなくなりました。地面には青いお星様がいっぱいです。
タマムシ-1  フデリンドウ-3

ヤマフジの蕾がこんなに大きく。花も咲いていて、ハチの羽音で見上げると、マルハナバチが蜜集めに忙しそうでした。 そこにやってきたムラサキシジミ。今年初めて撮影できたチョウでした。
ヤマフジ-4  ムラサキシジミ-5

スダジイの新芽がボロボロに。いったい誰の仕業でしょう。どの新芽もこんな風でした。 落ち葉の積もったところには、何者かの足跡が。良く見ると犠牲者が何匹も。カブトムシの幼虫をこんな風に食べ散らかしたのはいったい誰でしょう。
スダジイ-9 足跡-6 犠牲者-7

そんな場所の側にあるかな~とポイントを見ると、ありました。ギンリョウソウ。 少し離れたところには、ヤブコウジの群生の間から頭が。こんなところには生えないと思っていましたので、楽しい発見でした。 ホウチャクソウも蕾が立派に。もう咲いているものもありました。
ギンリョウソウ-10  ヤブコウジの中から-12  ホウチャクソウー11
なんとヒ~ンカラカラカラと、コマドリの声。何度も、何度も。至福の時間です。少し離れた場所ではキビタキも鳴いてくれました。

代表M







自然観察全般 | コメント(0) |permalink
<< 「シャクトリムシ」の飼育 | home | 4月7日の観察会 >>
Comment

管理者にだけ表示
| home |