FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
クワコの繭
みなさんは、クワコという昆虫をご存知ですか。では、カイコはどうですか。そうです、クワコはカイコの祖先昆虫と考えられています。
クワコがカイコと異なる特徴は①行動が活発であること②成虫が飛翔すること③幼虫時の斑紋が暗色を呈すること④擬態をすることなどが知られています。(以上「クワコの形質特性」九大 伴野 豊より/ 蚕糸・昆虫バイオテック79(2) 87~95(2010))
冬に葉の落ちたクワの木に、白い小さな繭がぶら下がっているのをご覧になった方は多いかもしれませんが、秋の終わりに羽化したクワコの蛾を見た人は少ないと思います。

10月24日と11月6日に、久留米市善導寺の筑後川の河川敷に自生している桑の木を見て回り、合わせて桑の木27本から17個の繭が採集できました。
RIMG3908.jpg RIMG3856.jpg RIMG3860.jpg
画像は左から・河川敷のクワの木 ・枝につくクワコの繭 ・採集した繭

皆さんに、中の蛹を見てもらおうと24日に採った7個の繭を切開したところ、5個の蛹は死んで硬くなっていました。
RIMG3861.jpg RIMG3863.jpg RIMG3864.jpg
画像は左から・クワコの繭の大きさ ・クワコの繭と蛹 ・死んだ蛹

残りの繭から11月18日に2頭のオスが羽化しました。たまたまかもしれませんが、こんなに蛹の事故率が高いとは思いませんでした。
RIMG3906.jpg RIMG3903.jpg
画像は左から・繭に止まった成虫 ・蛾のアップ

この時期に羽化した成虫はすぐに交尾・産卵後に死に、その卵が冬の寒さを越して春に孵化してきます。

久留米のG
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
初冬の三国
11/3観察会のあと7日が立冬でしたんで、暦ではめでたく(?)冬に入りました。
というわけでちょっと三国歩いてみました。時間帯は観察会とだいたい同じくらいでした。
(代表Mさんも前日行ったんですね。記事カブせてすみません!)

まずは駐車場西の田んぼ側に出て15分くらいの間、日向ぼっこしながら、鳥の声をキャッチしながら、空を眺め、地面を眺めてみました。
飛んだもの:ハシブトガラス、ハイタカ、カワラバト、ヒヨドリ、飛行機、トンボ(不明)、メジロ、アカタテハ、キジバト、ミヤマガラス、ビンズイ
聞こえたもの(飛んだもの除く):シジュウカラ、人の声、車の音、竹のバサバサ(作業?)、カシラダカ、ウグイス、シロハラ、スズメ、モズ
とまあ、こんな感じで、気持ち良いのでありました。

南側住宅地方向へ移動。
と、「あー、これは撮っとこうかなー」
1811kurokonoma3946.jpg
何度もやったネタのような気もしますが、つい撮りたくなるヤツです。
何のことでしょうか?

ネタばらしとあれこれ「続きを読む」をクリックしてお付き合いください!
〇管理人M

⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(2) |permalink
次の世代へ
陽が西に傾きかけた頃、ちょっと九歴に寄ってみました。
kunugi-8.jpg

先日見たアキニレのアブラムシを再度見てみました。今日は飛んできたばかりと思われる元気なアブラムシがそこここで動き回っていました。幹の隙間から何者かがそのアブラムシを捕食していました。いったい誰?とよ~く見ると、ゴミを背負っていないタイプの、ワニのような雰囲気のあるクサカゲロウの幼虫でした。他にも、ハナアブの幼虫がアブラムシを捕食していました。次の世代への卵を産みにきたアブラムシもこうしてどんどん食べられていたのですね。
usubakagerou-9.jpg hanaabu-10.jpg

ジョロウグモの♀が自分の網から離れて枝の中にじっとしていました。これから卵を産むのかもしれません。
jyorougumo-7.jpg

ヤマトカギバの幼虫がコナラの葉の上でじっとしていました。この時期良く見かける幼虫です。蛹になるまで成長できるでしょうか? だって、コナラの葉は、どんどん黄色くなっていきます。
yamatokagiba-3.jpg konara-6.jpg


そんな枝に、ヤママユの卵が産みつけられていました。冬を卵で過ごします。良くみると、他に2種類が写っていました。何かわかりますか?続きを読むをどうぞ。
yamamayu-5.jpg

コナラの冬芽でキラリと光ったのはタマバチの翅でした。暖かい秋ですが、もう11月なんだなと思わせてくれるタマバチです。この冬芽は、春にはナラメカイメンタマフシという虫こぶになります。こうして次の世代へ命が受け継がれていきます。
tamabachi-2.jpg




⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
11月3日の観察会
久々に青空が広がった観察会となりました。小春日和で参加者も14名です。 はじめる前には店開き、否、様々な情報などが並びます。 こうして、観察会はスタートです。
観察-5 情報いろいろ-9

初めから、ハイタカが飛翔。脚は普通は、体にぴったりつけて飛んでいますが、この一瞬は、脚を下ろしていました。残念ながら、ピンボケです。 コガマ池やヨシノボリの溝では、マユタテアカネやヒメアカネなども見られました。
ハイタカ-1 マユタテアカネ-2

アキニレの樹皮下にはいろんなものが越冬していますよ~、と見ていたところ、お初のものが。
初めは、チャタテムシの幼虫だろうかとも思ったのですが、どうもアブラムシ。それで、昨日ネットで調べてみたところ、どうもこれのようでした。神戸・明石の虫 ときどきプランクトンというページの「アキニレ樹皮下に集まったタマワタムシ亜科Tetraneura属の一種」 http://mushi-akashi.cocolog-nifty.com/blog/2016/11/tetraneura-89de.html 
このページを元に、今回目撃したものに↑を入れてみたものです。
アキニレ樹皮下のアブラムシ-10
アブラムシは、世代により、寄主を季節によって転換するものがいますが、このワタムシもそのようです。春に葉に虫こぶ(ケヤキの葉につく長靴のような虫こぶと似たもの)を作って、その後、イネ科の根元に寄生、冬は、アキニレの樹皮下で過ごすようです。なかなか面白いですね。

梢の上ではモズがギチギチ、キョン、キョン、 クスの枝の中にはカラス類が使ったと思われる古巣がありました。
モズ-3 カラスの巣-4

ヌルデにいた毛虫は、ドクガの仲間ではなく、ナシケンモンの幼虫でした。これまで黒いタイプの幼虫しか見ていなかったのですが、こんな色のものもいるのですね。あらためて、ガは難しいです。それから、毒はないようですね。
ナシケンモン-1


稲刈りの終わった田では、ギンヤンマやウスバキトンボが飛翔、餌捕りをしていました。参加された皆さん、ありがとうございました。
観察-11


そうそう、久々おみえになった大野城市のMさん、リーフレットをお渡ししていなかったのでは、と思います。一度、ブログ宛に、メールいただければと思います。

代表M



観察会 | コメント(0) |permalink
センリョウ
久しぶりに入った林の中にセンリョウの小さな群落がありました。
センリョウのグラデーション

生えている場所は狭い範囲なのに、微妙に日光の当たり具合が違うのでしょうね。

朝晩冷えて、そろそろ年賀状の話もでてくるようになりました。今年も後2ヶ月、月日の経つのは早いものですね。

代表M
植物 | コメント(0) |permalink
| home |