三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
アオサギの舌
N田さんからの投稿です。

21日に御笠川河川敷を散策して来ました。

とても暑い日だったので 口を開けて身体を冷やしていたのでしょうか。
アオサギ:口の中(舌)を始めてみました。面白い(?)形です。
帰りがけに、急ぎながら一枚のシャッタ-だったのですが もう少し落ち着いて撮りたかったと思っています。

aosagi-1.jpg


野鳥 | コメント(0) |permalink
「シャクトリムシ」の飼育
3月15日、アシナガバチのいなくなった巣に止まっているシャクガの幼虫を、見つけました。ハチの巣の色に近い色をしていたので、保護色をねらっていたのかもしれません。
RIMG2938.jpg RIMG2937.jpg
RIMG2936.jpg RIMG2934.jpg

幼虫図鑑などで検索したものの、なかなかたどり着きませんでした。
この幼虫は、色彩にばらつきが多いのだそうです。
食草もわかったので、ツツジの若葉を入れてやり、ハチの巣にも何かこだわりがあるのかもと思い、
一緒に入れておきました。
ついでに、ハチの巣の主もご紹介しておきます。
RIMG2939.jpg

数日は葉を食べていましたが、さわっても反応がないように動かなくなってしまいました。
そして3月30日には、幼虫が見当たらなくなりました。ハチの巣をそっとバラしつつ探してみたら、中に食い込んだ幼虫が見つかりました。

しばらくして蛹化したと思われますが、4月9日に巣を開いて、蛹化を確認しました。
RIMG3041.jpg RIMG3042.jpg

その後は毎朝、飼育容器を覗いていましたが、ようやく4月23日羽化しました。
RIMG3071.jpg RIMG3074.jpg
RIMG3072.jpg RIMG3073.jpg

前翅の外縁がえぐられたようなのでエグリヅマ(抉り褄)エダシャクという和名がついているようです。ほぼ、日本全土に分布し、茶の樹の害虫としても知られ、年2回成虫が出現します。幼虫又は蛹で越冬するそうです。この幼虫はどこで冬を越していたのでしょうか。

久留米のG



昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
もう初夏ですね。
花粉も少し落ち着いたみたいで、久々三国の某所へ。
イカルやシジュウカラ、コゲラの声がしていました。
アラカシにはもう雄花がぶら下がっていました。別の株の葉裏をみると、虫こぶです。アラカシにはサカズキフシというものがつくのですが、おそらくこの2つはその寄生されて、虫こぶが変形したもの。長い方をもっと観察しようとしたところ、ポロリ、落ちてわからなくなりました。残念!
アラカシ-13  虫こぶ-2

ビロードイチゴには、久留米のGさんの観察にもあったタマムシが。カメラを近づけたら、ぷいっといなくなりました。地面には青いお星様がいっぱいです。
タマムシ-1  フデリンドウ-3

ヤマフジの蕾がこんなに大きく。花も咲いていて、ハチの羽音で見上げると、マルハナバチが蜜集めに忙しそうでした。 そこにやってきたムラサキシジミ。今年初めて撮影できたチョウでした。
ヤマフジ-4  ムラサキシジミ-5

スダジイの新芽がボロボロに。いったい誰の仕業でしょう。どの新芽もこんな風でした。 落ち葉の積もったところには、何者かの足跡が。良く見ると犠牲者が何匹も。カブトムシの幼虫をこんな風に食べ散らかしたのはいったい誰でしょう。
スダジイ-9 足跡-6 犠牲者-7

そんな場所の側にあるかな~とポイントを見ると、ありました。ギンリョウソウ。 少し離れたところには、ヤブコウジの群生の間から頭が。こんなところには生えないと思っていましたので、楽しい発見でした。 ホウチャクソウも蕾が立派に。もう咲いているものもありました。
ギンリョウソウ-10  ヤブコウジの中から-12  ホウチャクソウー11
なんとヒ~ンカラカラカラと、コマドリの声。何度も、何度も。至福の時間です。少し離れた場所ではキビタキも鳴いてくれました。

代表M







自然観察全般 | コメント(0) |permalink
4月7日の観察会
N田さんと久留米のGさんから画像が届きました。少しだけご紹介します。

とにかく寒い日でした。
今回も管理人様からコガモの趣ある写真とタカの素敵なイラスト資料などプレゼントが。写真はもちろんジャンケンポンです。ゲットされた方おめでとうございます。また、kunioさんからエヒメアヤメを特別に見せていただきました。保護されている方からお借りしてきたものとのことです。
kansatu-1.jpg !cid_part1_4EB85259_E9E7EB35@gmail.png

初参加のお二人とともにまずはコガマ池へ。ニホンアカガエルのオタマジャクシは元気でした。本当は高温のカラカラ天気が続いていたので、干上がっていないかと心配していたのです。良かったです。
!cid_part2_EB756809_0BE11122@gmail.png

その後ヨシノボリの溝沿いの疎林を弥生の丘方向へ。
ウマスギゴケがまるで、お花のようできれいでした。これは雄株で茎の先端の雄花盤(ゆうかばん)というものだそうです。
RIMG3029.jpg RIMG3038.jpg

弥生の丘です。 ベニシジミが何匹もいたのですが、寒そうでした。そんな中の1頭が翅の模様を見せてくれました。春だな~という色ですね。
kansatu-2.jpg !cid_part7_A6BDA8FF_EFB585CA@gmail.png

私はワケあって、観察会はここまでです。その後、キビタキなども観察されたそうです。

午後からは、リーフレット完成の打ち上げをしました。とても楽しい会でした。最後に今後のことをまじめに話し合いました。
uchiage-3.jpg

画像をいただいたお二人、参加された皆さん、打ち上げのお世話をしてくださったkunioさん、そうそう、みかんさんからおいしいお土産もありがとうございました。

代表M








自然観察全般 | コメント(0) |permalink
三国DE観察Ⅱ
4月4日正午ころから、桜の花の終わった三国を歩いてみました。

西の田んぼは、春の田起こしが始まっていました。ウグイスのさえずりや、ホオジロ、メジロ、スズメの声を聴きながらまわりました。田のそばの林縁では、スギナとツクシが並んであちこち出ています。
RIMG3006.jpg

ルリタテハ、ムラサキシジミ、キタキチョウなどが飛んでいました。ビロードツリアブもたくさん、斜面の土の見えるところにホバリングしています。ゲンゲの花も一つだけ開いてました。
RIMG3007.jpg

水の少ない溝に、ツチガエルがあわてて隠れてしまいました。
RIMG3008.jpg

次に、いつものように館裏のフェンスを巡ります。
最初に遭ったのはキリギリスの仲間の幼虫でしょうか。ゆっくり動いていました。
RIMG3009.jpg

そして、ムベが絡まって新葉を広げている上には、黒くて何かの糞がついているようでした。カメラでアップしてみると、最初はアワフキムシかなと感じたけど、後で調べたらクロヒラタヨコバイのようです。
RIMG3011.jpg
ヒラタとつくのに、背中はドーム状に盛り上がっていて、何でかなと思いました。

さらに少し行くと、シャクトリムシが移動中でした。
RIMG3012.jpg
図鑑を見たけど何だかわかりません。

フェンスの先のクスノキの下あたりには、毎年フデリンドウが可愛い花を見せてくれます。暖かい日が続いたので、もしかしたら咲いているのではと近づくと、あちこちに花開いていました。今月の観察会に間に合ったようです。
RIMG3017.jpg

影堤の入りこんだ所では、以前S見さんやM木さんがオシドリをみつけておられましたが、今日は外来の亀が甲羅干しをしていました。
RIMG3016.jpg

クヌギの木は、たくさんの雄花序を風に揺らしています。
RIMG3018.jpg

それから、桜のトンネルへ向いました。
擬木のロープのあちこちに、マルカメムシがとまっていました。どこかで、一緒に冬眠していたのでしょうか。

クリのイガが毎年転がっているあたりの擬木に、ハエトリグモがヨコバイらしき餌を捕らえていました。
RIMG3019.jpg
帰って図鑑をみて、アシブトハエトリだとわかりました。幼体 や亜成体で冬を越して、6,7月に成体になるそうです。そして、国内では一番大きなハエトリだそうです。

弥生の丘経由でイヌビワ小径へ向いました。丘の周りの藪からは、ウグイスのさえずりが続いています。
丘の下りくちには、クサイチゴが満開でした。アカメガシワの若葉がきれいです。
RIMG3020.jpg RIMG3021.jpg

あちこちのビロウドイチゴの葉の上には、シロオビナガボソタマムシがとまっています。成虫は、キイチゴ類の葉を食べ、幼虫は枝に穿孔するのだそうです。
RIMG3022.jpg RIMG3023.jpg


久留米のG
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
お月さん
連日ヨカ月が出てますね。
3日夜、春日原のお月さんです。
1804moon171_0489.jpg
4日に日付が変わる寸前ですから月齢17.1くらいの、立待の月でございます。
前に居待あたりの話題をしたと思いますが、満月を過ぎると月の出がだんだん遅くなるため、月を待つ態勢が変わるという面白い表現です。
4/4日夜「居待」→4/5日夜「寝待(臥待)」となり、出が遅くなるとともに少しずつ細っていきます。

毎日とても美しいお月さんを仰いでおりますが、写真撮ったろと思ったのは右側近くに星がいたからです。
1804moon171jupiter0480ori.jpg 1804moon171jupiter0480.jpg
どうも木星らしい。いろんなバリエーションが見られ、飽きることがありません。
この写真を撮った直後、天から「チリリッ」とシロハラの渡る声が降ってきました。
昼間には室内PC系仕事の合間に超高空を進む(おそらく渡り)ハイタカを見ましたし、ツグミやビンズイなど冬の鳥と夏の鳥ツバメもみましたし、ほんの片手間でも種数は増える時期ですね。
それにしても暑すぎます。このところ。

○管理人M
自然現象 | コメント(0) |permalink
| home |