FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
タカ渡りゲリラ観察やりました
9/24弥生の丘で空見ました。
お日様マークが並んでいた天気予想屋の予想はまたもハズレで、どんよりと暗めの曇り空。ほぼ無風。
前日も似たような曇りでしたし、山辺の上昇気流も不活発でしょうし、状況的に三国あたりでハチクマが見られそうな期待は薄いなーという感じでした。
結果は4時間ほど見ていましたが、やっぱりハチクマ飛ばず。残念。
おそらく海辺などを通って行ったのではと。
ただ、午後になってサシバが1つだけですが遠くを南南西へ向かって滑って行くのが見られました。
雲が取れて青空に変わったあとのことでした。
DSC02554.jpg 02.jpg
↑こんな感じでこんな感じのところを飛んで行ったー
(写真は他所でのものです)
んー、サシバかー、意外ですねー。福岡あたりを通るのは少ないもので。
その他猛禽ではミサゴが2羽で低空を羽ばたいて出たり、エゾビタキが1度だけ枯れ木に止まったり。
シジュウカラは囀ったりしながらずーっとチョロチョロしてました。
人の方は思いのほかたくさんおいでくださってビックリ。
会員さんだけでも11人かな?その他にもいらっしゃった方もあり、通りすがりの親子連れも何度かあって高圧線鉄塔のフクロウみたいな置物を望遠鏡で見たりキリギリスやバッタを見たりと楽しい時間となりました。

何度かやってたら、そのうち当たりが出ると思ってます。
ありがとうございました。
○管理人M
観察会 | コメント(0) |permalink
福岡市街地上空もハチクマ渡ってますー
今日9/15室内系のお仕事で博多駅の近くに行きました。
昼過ぎに住吉神社前で食事して出て空を見上げましたら、ハチクマが2羽旋回してました。
地図で見たらちょうど春吉橋上空くらい。南西へ向かってました。
それから事務所に行って午後たまに外へ出て空を見ましたが、出るたびにやはりハチクマが飛んでました。
5分から10分観察を数回やった感じですが、合計40分ほどで9羽。
1609hachikumas2484.jpg
(写真は以前に撮った他所のものです)

通常なら西寄りのはずが台風で北東の風が吹いていまして、追い風。
そのためか、いつもは旋回上昇してグライダーのように滑空するのが定番なのですが、勝手が違うようで、ミヤマガラスみたいに旋回移動する様子が目立ちました。
ちょうど博多駅の真上を通るものも見られましたが、方向としては東の立花山から片江を結んだ線の一部みたいになりました。
これからしばらくは九州各地どこでもハチクマなどのタカが渡る姿が見られそうです。

○管理人M
野鳥 | コメント(0) |permalink
三国でタカの渡りを見よう!
いきなりですが9月24日日曜日にハチクマなどタカの渡りを観察してみることにしました。
1609hachikumas2583.jpg 1706hachikumaf9848.jpg 1610haitaka3125.jpg
↑左から2枚渡って行くハチクマ、右:渡るハイタカ(いずれも他所で撮ったものです)

<新着写真追加!>
1709hachikumam1907.jpg
↑今年のハチクマ♂(9/14長崎県で)
各地でどんどん渡っています!

いつもの観察会よりさらにラフでゲリラ的なものですのでどうぞ気楽にお出かけください。
■9月24日(日曜):10時頃から14時頃までのつもり
一応資料館駐車場に10時頃に行って、それからやおら始めますが、短い時間でもお寄りくださればと。
ちなみに去年や一昨年は2時間くらいでハチクマが数羽見られました。
渡りを見るのは当たりかハズレでして、何も出ないかもしれませんし、結構な塊が見られるかもしれません。
また、他にサシバ、ノスリ、ハイタカ、チゴハヤブサなど他の猛禽、コサメビタキ、コムクドリなど渡りの途中の小鳥なども見られるかもしれません。
雨が降れば中止します。雨だとあんまり活発に飛びませんし、飛んでも視界も悪く、レンズなど濡れるのもいやですから。

観察は「1.弥生の丘」か「2.駐車場北側建物の反対側日陰のプラットホーム」でやります。
つまり、駐車場か1か2にいますので、すぐにわかると思います。

双眼鏡はぜひお持ちください。なくても望遠鏡はあります。
カメラもご自由にどうぞ。シャッター押したくなるようなのが出れば良いですけど。
帽子や傘などの日差し対策、ドリンク、食糧は各自お願いします。
足りなければ車に戻るなり買い出しに行くなり出入り自由です。
いらっしゃった方には飛ぶ猛禽シルエット見分け紙を差し上げます。
程よい好天だと良いですねー。
ぜひどうぞ!

○管理人M
観察会・連絡やお知らせ | コメント(0) |permalink
9月2日の観察会 編集会議
随分涼しくなりましたね。
9月2日もそんな日でした。
ただ、8月末に下見したときと同じで、なんだか乾燥していて、昆虫たちも静か。野鳥も静か。コガマ池(人工湿地)は水がなく、結構今年の夏、雨は降ったのですが、保水力がなくなっているんだなとあらためて思いました。
私は今回も早退です。
kannsatu-1.jpg kansatu-2.jpg

W稲さんとN田さん、管理人さんから画像をいただきましたので、少しご紹介。
クサギ花!cid_part9_76792071_61E613D6@gmail ぬ巣日と剥ぎ!cid_part6_B3CE4CDB_F8B49037@gmail
クサギの花は良い香がしていたのでは? こちらは小さなヌスビトハギ。秋らしい花ですね。

カニグモ!cid_part2_803836C2_C3ED5DAC@gmail ツマグロヒョウモン♀!cid_part1_9F6941DF_5320B759@gmail
クズの葉にいたカニグモの仲間、ちょっと目立ちすぎですね。ツマグロヒョウモンの♀は産卵していたのかな?

satokimadarahikage027.jpg mayutateakane020.jpg
サトキマダラヒカゲです。今秋は激減しています。幼虫の食草が開発などで、なくなったせいかと思います。マユタテアカネ♂は、しっかり真っ赤ですね。

1709kanahebi1834.jpg
カナヘビは葉陰で餌探しでしょうか?

皆さん、お世話様でした。画像をいただいた皆さん、ありがとうございました。

午後からは第12回編集会議を小郡市埋蔵文化財調査センターで行いました。
中身をもう少し深めるために、画像の入れ替えなど話し合いました。
hennsyu-3.jpg
参加された皆さん、ありがとうございました。

第13回編集会議は、10月7日 13時30分~1416時30分 九州歴史資料館 2階 一番奥の会議室で行います。

代表M
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
| home |