三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
いろいろ
雨の多い夏でしたね。庭のマンネンタケがこんな風に。上の段の棒になっているのは、一度ふんずけてしまって壊れたものです。でもすぐに別のが生え出しました。 下の段のものは、枝分かれしていました。一旦出た方向を少し変えて成長しました。
何でかなあ。
名称未設定-5
 このマンネンタケは、マテバシイの木の根元に生えています。実はこのマテバシイ植えて20年になるのですが、ぜんぜん成長しません。このマンネンタケの菌のおかげですかね。マテバシイは大きくなると大変なので、なんとなく成長しないというのもありがたいのです。

里ではセンニンソウが実になりはじめていました。ナツフジはこれからみたい。ビナンカズラの花びらを、ハイエナみたいなトビムシが一心不乱に食べていました。
名称未設定-12

あっこんなところにもいたのね、とベニツチカメムシです。何度も通っていたのに、気がつきませんでした。目の前にはボロボロノキの大きな株。ベニツチがいて初めて、ボロボロノキだったことに気がついた次第です。来年こそ母ムシが世話をする様子を観察したいものです。
名称未設定-11

代表M
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
サツマニシキ
先日の青空の記事から、今度は暗い場所の記事です。

昨年もサツマニシキが発生していた神社で、1週間前に、幼虫がヤマモガシから下りているのに出くわしました。
satumanishiki1.jpg  satumanishiki.jpg

ひょっとしたら、早いものが羽化していたり、蛹になったりしたものが見られるかもと、雨が止んだ隙にちょっとお邪魔してきました。 でもなかなか繭も蛹も見つかりません。どんなものか確認してくればよかったと思いながら、紙垂(しで)(しめ縄についた白い紙のビラビラ)を見ていると、どうもこれではないかというものがありました。
satumanishiki3.jpg

他を探すと、落ち葉に同じものが。 間違いないでしょう。幼虫もまだうろうろしているということは、相当数発生しているということですから。
satumanishiki4.jpg

軒にもありました。
satumanishiki5.jpg

確認のために、落ち葉のものと、幼虫を1匹いただいてきましたが、帰ってから、調べたら、やはり、この繭はサツマニシキのようでした。
鎮守の森の大木のヤマモガシで育ったサツマニシキは、神様のお遣いですね。

代表M






昆虫(チョウ、ガ) | コメント(2) |permalink
夏と秋の空
台風やら何やらで「夏らしい暑さ」というよりも湿気の多いねっちりとした感じの気候が続いています。
もうひとつスッキリしませんね~。
空を眺めてみてもいかにも水気が多い感じです。
この数年空を眺める仕事をよくやることになっているのですが、去年も今年も、冬でも春でも霞だかPM2.5とか0.05とか何だかわかりませんが、空が澄んだ日は今年はいよいよほとんどなかった印象です。それが何となく続いているかのようでスッキリしませんね~。
1408cloud5920.jpg 1408cloud5914.jpg
1408saiun5910.jpg 1408maruhanabachi_warunasubi5885.jpg
久しぶりに空の写真を撮ってみました。12日広島県でのものですが、この日も湿気がいっぱいで蒸し暑かったー。
夏らしい入道雲と秋らしいうろこ雲が同時に出ていました。
水蒸気が多いときに出やすい彩雲も鮮やかに出ていました。午前中雲っている間、マルハナバチ(たぶんコマルハナバチ)がワルナスビの花を巡回してせっせとお仕事していました。
今年は湿気が多い→水気が多い?→水がめに水が多い?と思って福岡県主要ダムの貯水率を見てみたら。
県の貯水率ページ
これによればやっぱり(?)水がめは豊かみたいですね。例年よりも3割程度、去年よりも3.5割程度貯水率が高いらしい。
こういう有難いこともなからんとですね~。

○管理人M



ついでに貼りたくなりました。7月30日夕方、三国はものすごい雷と断続的な雨にみまわれたのですが、その後の、虹の一部です。
名称未設定-1

代表M
自然現象 | コメント(3) |permalink
ツクツクボウシの羽化
夜、セミが羽化していました。 8月4日のことでした。
名称未設定-1  

ライトを当ててもまだ動けないようでした。
名称未設定-2

翌朝、抜け殻が残されていました。ツクツクボウシですね。
名称未設定-4

今年はツクツクボウシの鳴き声を聞いたのは8月11日で例年よりは遅いのですが、久留米のGさんも同じ日だったそうです。 台風に秋雨前線と晴れた日が少ないので、羽化後2週間くらいの命といわれているセミにとっては、なかなか鳴けない夏のようですね。それでも、晴れ間の庭のクマゼミの声には耳をふさぎたくなるほどですけれど。

代表M

その他の昆虫 | コメント(2) |permalink
チョーキレイ!
暦の上では秋になってしまいましたー。
ということで残暑お見舞い申し上げます。

台風の雰囲気が少しずつ出てきた8日、ほぼ雨の降り続く1日でした。
森の脇の砂利道でカラスアゲハが地面で何かを吸っていました。
アゲハチョウの仲間以外でもシジミチョウ、タテハチョウなどいろんなチョウが地面にいるのをよく見かけます。
水分補給、ミネラル補給などいくつかの目的があると思われますが、地面で見られるのがほとんど♂ということから、♂フェロモン生成成分を摂取しているのだろうと専門家さんに聞いたことがあります。
1408karasuageha5781.jpg 1408karasuageha5809.jpg
とにかく暗くてシャッタースピードが遅い遅い。やっと撮れたのがこれらです。
左の写真をよく見ると、お尻から水滴が落ちていますね。実際に見ていると数秒に1回くらいの割合でどんどん排出していましたが、これがなかなか撮れんのですわ(笑)。
このカラスアゲハはこの場所に1時間以上いてずっと「吸って出し」していましたので、充分体重分以上の量だと思います。フェロモンに満ち溢れたでしょうかね~。
それにしても闇に浮かぶ星のような模様で美しい。
これほとんどトリミングをしておりませんで、画面上で画素通りに拡大してみると、顕微鏡で見たときともちょっと違う何とも引き込まれそうな絵なんですよー。
地面のチョウをちょっと気にしてみてください。数メートル以内に近づかないことをしっかり伝えて静ーかにしていると、長く止まっていることが多く、しっかり観察できますよ~。

○管理人M
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(2) |permalink
アオスジアゲハの蛹化
庭に生えているクスノキの幼木の新芽で、アオスジアゲハが終齢幼虫になっていました。一度蛹になるところを見てみたかったので、注意をしていました。 (クスノキは大木になるので、困りものなのですが。切っても切っても野鳥の糞と一緒にばら撒かれて、生えてきます)。

8月4日、お腹の中もすっかりきれいになって、葉の表にとまっていました。この葉の裏で蛹になるはずです。
アオスジアゲハ前蛹

8月5日 お昼頃、葉の裏に移動していました。気になるのは、頭部のすぐ下、脇にあるものです。白いヤドリバエの卵から、孵化した幼虫が腹部に食い進んでいるようです。これも定めというもの、しょうがありません。
アオスジアゲハ前蛹2

そんなことがあっても、蛹の体を支える糸を張り始めました。
アオスジアゲハ前蛹3  アオスジアゲハ前蛹4

8月6日、お昼頃前蛹を見たら、中の蛹が透けて見えました。カメラを構えてスタンバイ。蚊をパチ、パチやりながら、ねばりました。
アオスジアゲハ脱皮準備整う

幼虫時代の表皮と蛹の間に隙間ができて、何度も蛹が中から伸びようとしていました。いよいよ蛹への脱皮が始まりました。
[広告] VPS

体の側面の白い太い線も延びていきます。これは、幼虫時代の気門(空気を取り入れる穴)から体の内部に入り込んでいた気管の表皮なのですが、それも一緒にひっぱり出されていっているのです。
体の中が濡れたように見えるのですが、(たまたま、昨日運転中に夏休み子供電話相談室でも、説明があっていましたが)、潤滑油にあたる脱皮をするときのホルモンなのでしょう。

いやあ、やっぱり感動です。こういうシーンを目にするのは。
「生命の不思議」というか、「素晴らしさ」、ですね。

代表M
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
ラッキーな下見
夏休みに入り、子供対象の観察会の下見で、川沿いの某所へ。

川にはコオニヤンマばかり。オジロサナエなどもいていいはずなのに、ちょっと残念。トノサマガエルはあちこちに。
1P1110240.jpg  1P1110247.jpg

葉の上にとまったコミスジ、クヌギの幹には、小型のカミキリムシの仲間。どうやら産卵場所を探しているようです。産卵を見たかったのですが、この後、どんどん上に上がってしまって、残念でした。
1P1110272.jpg  1P7280101.jpg

そばの大きな枝にはこれまた大きなガの幼虫。何だろう? トモエガ辺り?
1P7280110.jpg


と、そこで目の端に入ってきたのが、これ。「あらら、♂のクワガタに胸を挟まれてへっこんじゃったんだ」と思いながら、とりあえず画像だけ撮っておこうと・・・・拡大して、「違う!」。このへこみはもともとのもの。 おまけに小さな角が生えています。 カブトムシ。コカブトムシです!! 私にはお初です。
1P7280130.jpg  1P7280132.jpg 

何だか動物のサイみたいですね。 
1P7280176.jpg  1P7280181.jpg
観察会がなければ行かなかったところ、こういうのって、嬉しいんです。

おまけに帰りには、これまたお初の、ヤクシマルリシジミが画像を撮らせてくれました。ラッキー!な下見でした。
1P1110273.jpg

代表M

自然観察全般 | コメント(2) |permalink
| home |