FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
続 はる~っ!
本当に春ですね。

これが飛び始めると春真っ盛りという感じ。
ビロウドツリアブ

オオイヌノフグリがお気に入りらしく、盛んに蜜を吸っていました。翅をはばたいてホバリングしているように見えたのですが、実際は、ちゃんと脚で花びらにつかまっていたんですね。脚に花粉がちゃんとついています。
ビロウドツリアブ0  ビロウドツリアブ1

上の画像を見て気づきました。このストロー、先が2つに割れています。押さえつけるとこんな風になるのでしょうか。きっと蜜が吸いやすいのでしょうね。

すぐそばの木立の上をピ~ヒョロロとトンビが飛んでいきました。
トビ

代表M

自然観察全般 | コメント(0) |permalink
はる~っ!
鬱々とした気分を払拭するため野に出てみました。
CIMG5009.jpg  CIMG5013_20110327210613.jpg

3月前半、いつもの場所にアマナを見に行きましたが寒いせいか、出会うことができませんでした。

今日(3月27日)はお天気がよかったのでまた行ってみたら、あった、あった! たくさん咲いていましたよ。ざっと60ぐらいありました。
CIMG5001.jpg  CIMG5006_20110327210738.jpg


ノビル、スイバ、ヤエムグラ、ツクシ、ホトケノザなど
CIMG5002_20110327210834.jpg  CIMG5008_20110327210932.jpg

水辺にはオランダガラシ(?)、それともタネツケバナ(?)  セリのほか、ウマノアシガタ(バターカップ)も咲いていて春の盛りはもうそこまできています。

CIMG5015.jpg  CIMG5017.jpg

みんなで頑張りましょう!


レインボー

自然観察全般 | コメント(6) |permalink
カマキリの卵嚢の中に
2月に撮った画像です。
庭のコナラについていたハラビロカマキリの壊れかけた卵嚢をはがしてみました。裏側に小さな穴が開いていて何かかたまってついていました。 少しむいてみましたら、小さな丸っこいハチがでてきました。何頭もいるようです。とても小さくてなかなかピントがあいません。
ハラビロカマキリの卵嚢の中にRIMG0159 カマキリの卵嚢の中にいたハチRIMG0167

カマキリの卵嚢の中にいたハチRIMG0173  
 
このカマキリの卵嚢は少し古いものなので、カマキリの卵に寄生したものではないようです。 庭にはカマキリタマゴカツオブシムシもいるのですが、それに寄生したものでしょうか? いろいろネットで探しましたら、下記のページに似たハチが紹介してありました。
http://tokyoinsects.blog14.fc2.com/blog-entry-1168.html
同じものかどうかはわかりませんが、ハラビロカマキリの古い卵嚢を冬越しに利用していたのかもしれません。

代表M
昆虫(アリ、ハチ、ハエ) | コメント(1) |permalink
ルリシジミ
ふと庭を見たときに、ヒラヒラ。あらあ、ルリシジミ、こんなに寒くても出たんだ、と嬉しくなりました。今年は寒いので、チョウを見る機会はまだまだ少ないですね。昨年のルリシジミの初認が2月25日だったから、約2週間遅れです。
ルリシジミRIMG0023

こちらは跡地のウラギンシジミ。まだまだ動けないらしく、いつもの場所で越冬中。
ウラギンシジミRIMG0014


今日は、家のすぐそばで、消防車のサイレンが止まったので、びっくり。なんと造成地で小火でした。相当煙が出ていたそうで、通報してくださった方に感謝です。風が強く、枯れ草に広がったら、恐ろしいことになっていました。
小火騒ぎ

代表M



■勝手にチョウ連動投稿 by 管理人M■

ウチにもチョウが来ました。
1103akatateha514.jpg
マジマジとチョウ見たのは今年初かも。アカタテハみたいです。
代表Mさんのウラギンシジミ同様、越冬の話になると思うのですが、変なところに来たもんです。止まっているとこの網目模様どっかで見たことありませんか?そうです、インターホンなんです。
なぜかウチのアパートのインターホンに8日の夜から止まってまして、今もいますんで、丸3日はいらっしゃいます。
つい2ヶ月ほど前は、このインターホンの真上にある玄関照明器具の上で何週間か時々スズメが泊まりに来てましたし、今度はチョウが。多少は風や寒さがしのげるかもしれませんが、もっと良さそうなところは近くにでもありそうなもんなのに。
生きものから好かれるようになってきたのかな?そんなわけないか。
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(1) |permalink
ほんのり春
木々の新芽がふくらんできましたね。でもちょっと足踏み。今日も風が冷たかったです。
コナラ_3094495 柳_3044477

雪柳_3044482 欅_3044480

アメリカフウ?_3094632 何?RIMG0009
お客さんのハチジョウツグミはまだいました。よっぽどあの場所が好きなのでしょうね。

蕾もふくらんできました。
ヒサカキRIMG0077 アオモジRIMG0079

木蓮_3044479 さくらんぼRIMG0002

代表M


植物 | コメント(0) |permalink
3月5日の観察会
冷えた朝でしたが、青空が広がり、とても気持ちのいい1日でした。

久留米のGさんが、蛹や標本を持ってきてくださっていました。チョウの蛹の形もいろいろあっておもしろいですね。 画像の下の方にツマキチョウの蛹があります。
蛹RIMG0087

私はツマキチョウの蛹を見たのは初めてです。今日来られなかった方のためにも見ていただきたいので、拡大しました。こんな色をしていると、なかなかみつからないですね。枯れ草色に見えたのですが、様々な色が微妙に合わさっていて、きれいです。 Gさん、ありがとうございました。
ツマキチョウRIMG0001  ツマキチョウRIMG0004

(ところで、左のツマキチョウがついている茎の翅の上あたりに、アブラムシのマミーの殻があります。何者かが寄生して羽化したようです。どうも最近こういう小さなものに目がいってしまいます。)

さて、里歩きを始めた時間には、まだ日陰は霜でびっしり覆われていました。 オオイヌノフグリもこんなに。
観察RIMG0092  シャーベットRIMG0091
 
森林内の神様の元ではこんなに氷も張っていました。初参加のU君が持ってくれました。氷の模様もきれいですね。 ここは大きなコジイが沢山あるのですが、板根も立派です。
氷RIMG0100  板根RIMG0096

ハゼの種です。「キツネの小判というのではなかったですか?」と。私は知りませんでした。「後で調べてみませんか?」と言いましたら、「ああ、そう言うようです」とその場でスマートフォンの画面が目の前に。なるほど。今流行りのやり方で、観察会の場でわかってしまいました。
狐の小判RIMG0101

まだまだ色んなものを楽しみました。参加された皆さん、ありがとうございました。

代表M
観察会 | コメント(2) |permalink
ホント!うそ
鳥のうそは天神さまのお使いと言われ、そのうそをかたどったのが木うそです。太宰府天満宮では毎年1月7日に天満宮の境内でうそ替え神事が行われます。今年、この神事を取材したので、是非本物のうそを見たいものと思っていました。それが、かないました!!

木うそ(太宰府木うそ保存会作成)
写真01-木うそ640

うそ(メス)
ついに、2月21日山神ダム湖畔の桜の木に止まっているのを観察できました。
フィーフィーと特徴の有る鳴き声です。
写真03-うそ

桜の花芽をついばむウソ
さかんに花芽をついばんでいました。こんな時はじっくり撮影できました。
写真04-うそ

おまけ!
ダムの周遊道路をうそを捜しながら歩いていると、目の前を二匹の小動物が横切って行きました。どうもイタチの様です。だれか教えて下さい。
写真06-イタチ
kunio
野鳥 | コメント(1) |permalink
恋の季節 その2
恋の季節 その2
2月22日、ついに産卵が始まりました。

池の風景
2月18日、山から降りてきたヒキガエルたちは次々と池の中へ入って行きました。
01池梢bdcam 2011-03-01 18-44-52-413

満月
その夜は満月でした。
02満月bdcam 2011-03-01 18-45-42-735

カエルのペア
2月22日、それまでは水中にじっとしていたカエルのペアが、浮いていた小枝に足をかけて水面に顔を出しています。
良く見ると産卵中です。周りに黒い紐状のものが見えます。
03ペア顔水上へ産卵中bdcam 2011-03-01 18-41-25-250

カエルの卵塊
水中からツタを引き揚げるとグルグルと巻きついた卵塊が着いていました。
04卵塊グルグルbdcam 2011-03-01 18-43-25-838

もうすぐ、オタマジャクシが見れそうです。
<つづく>
kunio

両生類(カエル) | コメント(1) |permalink
| home |