三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
年末のクロマダラソテツシジミ
今年最後のクロマダラソテツシジミです。
12月28日 小郡市三沢 ♀1が羽化失敗でした。
12月30日 筑紫野市筑紫で♂1が羽化成功。 ♀1がどうも羽化の途中で翅の伸びがとまったようでした。
1RIMG0004.jpg 1RIMG0001.jpg
他に羽化失敗した♀2が上からポトリと落ちてきました。
明日からまた寒波にみまわれるようです。年明けにはどうなっているでしょうか。

今年もあと1日となってしまいました。皆さんのおかげで、なんとか毎月観察会行うことができました。ありがとうございました。来年も、「ゆっくり、もっそり、そしてじっくり見る」観察会をやっていきたいと思います。来年もどうぞよろしくお願いします。

2010年が良き年となりますように。

1PC228786.jpg
モズの正面顔です。


代表M
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
再びクロマダラソテツシジミ 翅表の変化
低温期型の翅裏(チョウが翅と閉じたときに見える部分)の模様は先日書きました。
今回は翅表(開いた時に見える部分)の変化について、画像を載せておきます。

左は高温期(8月末)の画像です。右が10月末、随分青い部分が発達してきました。
名称未設定-2

そして下記が12月のものです。左(12月19日のもの)は翅を閉じていますが、チラリの見える部分で、前縁の半分くらいが青くなっています。真ん中(12月26日羽化失敗個体)も同じ傾向が見られます。右のものは同じく26日の撮影です。恐らく暖かい時に羽化したもの(12月24日あたりでは)と思いますが、前縁に青い鱗粉がしっかりのっているのがわかります。
名称未設定-3

元来熱帯のチョウ。こうした翅の変化は温度によって変わるようですが、不思議ですね。なんだか♂の色合いに近づいているようです。

尚、19日には三国では朝方結構雪が降りました。近所の子どもたちはこんなものを作っていました。
1RIMG0037.jpg

毎冬、このような雪の日がが5、6回あります。クロマダラソテツシジミはいつまで見られるでしょうか?

代表M
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
寒かったですね。
今日の朝は冷えましたね。

斜面からの水抜きパイプから流れ出た水がこんなふうに。ツララというより氷柱だあ。 溝にはこんな模様です。風が描いた絵ですね。
1RIMG0012.jpg 1PC228676.jpg

霜もびっしり。とってもきれいでした。 霜の中でハクセキレイが餌探し。何か見つけたのでしょうか?
1RIMG0023.jpg 1PC228620.jpg

でも日中は暖かかったですね。
寒さに耐えて生き残ったヒメアカネ、それからベニシジミです。
1PC228818.jpg 1PC228819.jpg


代表M


 
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
ムクドリとカワセミ
すっかり、冷え込んできました。
先週15日(火)16時ころ、筑紫野警察署の十字路で信号待ちをしてたら、小鳥の群れと遭遇しました。
そして、今日19日(土)13時ころ、山口川に沿って散歩してたら、カワセミが盛んに餌採りをしていました。
どうもペアで行動している様で、一緒に飛び去ってしまいました。
[高画質で再生]

野鳥2題

[広告] VPS
kunio
野鳥 | コメント(2) |permalink
クマソつながり
12月11日の観測です。
当日は小雨模様で寒い日でした。
某小学校へ行った時、ソテツをチェックしたら
葉先のところにクマソが付いていました。
シテツの葉先

根元を見るとそこにも一頭いました。
シテツの根元

幹の部分を探したら、ここにも一頭いました。
ソテツの幹
ここのソテツは1ヶ月毎にチェックしていますが、
今までは確認できていません。
今日初めて見つけました。
なお、メモが書かれてないかどうかは、近づけないため確認できませんでした。
kunio
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(2) |permalink
通りすがりに
宝満川そばの田んぼを走行中、でかいハヤブサが超低空で飛びました。こんな時に限ってカメラは後ろの座席。あ~あ、立派な♀だなあ、残念、と消えた空から目を元の田んぼに向けると・・・あれ、何かいる。
1PC158342.jpg

というわけでそろりそろりと近づくと
2PC158350.jpg
あれれ、幼鳥みたい。ハヤブサの。 もっとそばへと思ったとき、ごみトラックが反対側から轟音を響かせ通り過ぎました。残念ながらまたも飛ばれてしまいました。

他にも車の気配におどろいたホオアカがキャベツの上にピョコンと飛び乗ったりしていましたよ。
3PC158366.jpg 4PC158367.jpg

M木さんのカワセミフィールドにもいるんじゃないかな?

代表M

野鳥 | コメント(3) |permalink
12月のクロマダラソテツシジミ その2
クロマダラソテツシジミの低温期型の色も様々です。左のものが最も黒斑が薄くなった個体です。この画像の左から3枚までは北側で羽化していたものです。右端は南側、つまり日が当たって暖かい場所で羽化していました。同じ日に羽化しても、幼虫がついていた場所で色合いが違っています。

クロマダラソテツシジミ羽化1

上の画像を撮ったのは、12月12日の土曜日でしたが、羽化は本当に大変だったようです。午前中日が差して暖かかったのですが、瞬く間に雲がひろがり、雨が降り出しました。私が観察ポイントについたのは、お昼過ぎ、雨がやんだ頃でした。ソテツの周りに失敗した個体が沢山いました。羽化の総個体数は34頭。その内なんとか翅が開いたのは♂6頭、♀3頭でした。今回羽化していたのはソテツの上の葉の付け根で、ほとんど私の背丈よりも上の位置でした。地面近くで羽化するのとは違い、雨風に直接やられてしまったようです。

下記は、今日の画像です。1頭がちょうど出てきたところでした。風が時折強く吹きましたが、なんとか無事に羽化しました。この個体も南側の日の当たる場所で幼虫期を過ごしていました。

クロマダラソテツシジミ羽化

代表M


昆虫(チョウ、ガ) | コメント(0) |permalink
食べられないために
翅が欠損したタテハモドキ
食べられないために
11月26日、秋日和の昼間、我が家の庭にタテハモドキが来ました。
よく見ると左翅上下、それも丸い目玉模様の真ん中から下側が欠けています。
観察会でジャノメチョウの仲間は翅の目玉模様を偽の目玉にして、
敵にこちらを突っつかせ、体への攻撃をそらせると学習しました。
どうもタテハモドキも同じ自衛をしている様に思いました。
kunio
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(1) |permalink
12月のクロマダラソテツシジミ
12月になってもまだ羽化が続いています。この個体はなんとか無事に羽化したようです。飛べたかどうかはわかりません。
低温期RIMG0033

羽化しても、このように翅を広げたまま息絶えているものや、ポトリと落ちて翅がきちんと伸びなかったり。この3頭は時折動いておりました。でも、飛ぶことができないチョウの行き着く先は決まっていますもんね。
2RIMG0034.jpg  羽化失敗個体

ところが、数日前に羽化したと思われるこちらの個体は、元気に陽だまりで翅を広げていました。
3PC058176.jpg

別の場所では幼虫がのろのろと育っています。硬くなった葉をちびりちびりかじりながら大きな幼虫からいなくなっていますので、蛹になっていると思われます。

1月、2月、本来ならば、寒さの厳しい時期ですが、ここのところ、この時期でもとても暖かい日があったりしていますので、上手く羽化がその日に重なれば、また、卵を産む新芽があれば、次世代に命をつなげることができるかもしれません。もちろん花の蜜も必要です。この場所では菜の花がその役割をになってくれそうです。

それにしても、タテハモドキの低温期型(秋型)が、翅先が尖がって冬をのりきる「意気込みの」ようなものを感じるのに対して、クロマダラソテツシジミの低温期型への翅の色の変化は、なんだか、「もののあわれ」のようなものを感じます。(生きものはそんなヤワではないのですが・・・)
タテハモドキ

代表M

昆虫(チョウ、ガ) | コメント(2) |permalink
12月5日の観察会つながり
[高画質で再生]

オシドリを見るのを楽しみにしていましたが、
残念ながらまだ入ってない様でした。
なお、翌日淵田堤をチェックしましたが、
池干しをした後らしく、水がほとんどなく、
カモはゼロ、それでも水際をイカルチドリが
3羽散歩していました。
kunio
野鳥 | コメント(1) |permalink
12月5日の観察会
1年ぶりの井ノ浦公園での観察会です。公園の外の道路では街路樹が紅葉してきれいでした。公園内の照葉樹との対比がくっきりしていましたよ。

1RIMG0002  

今日は気圧の谷が近づいているということで、ところにより雷雨となっていましたが、こちらでは少しお湿りがあった程度。時折薄日がさして、雨に洗われた落ち葉もしっとりとしていました。今日は初参加の方がお1人、会員外の方も3人で14人で回りました。この公園内でもコジイの実がいっぱい落ちており、歩くとザクザク心地よい音がしていました。 落ち葉の上にのっかっていたのは、アオクサカメムシ?のようです。そろそろ越冬の準備に入ることでしょうね。

2RIMG0004  4RIMG0011  5RIMG0015

みんなの視線の先にいるのは、ムラサキシジミです。 越冬するチョウ、陽だまりで日光浴です。本当にきれいですよね。

6RIMG0017  7RIMG0019


水が抜かれて2ヶ月がたち、池も元にもどってきました。カモたちも沢山でしたが、対岸にはイカルチドリが3羽飛んできてくれたので、今年の初認となりましたが、残念ながら私のカメラでは撮れませんでした。

8RIMG0020  11PB267916.jpg  

私はここで早退しました。皆さん、こんなカモやをご覧になったことでしょう。こんな抜け殻、気づきましたか?

12PB267932.jpg  13PB267944.jpg

参加された皆さん、ありがとうございました。

代表M




観察会 | コメント(3) |permalink
ある日の皇帝ダリアで
最近増えている皇帝ダリアです。どうも見下ろされているようで私は好きではありません。でもハチやチョウもやってきているので、おいしい蜜をだしているようです。

さて、この日スズメバチがやってきました。まだまだ元気です。あれこれ花を見て周り獲物を探しています。
1PC028032.jpg  2PC028034.jpg

3PC028039.jpg   4PC028037.jpg

なかなか手ごろな獲物がいないようです。

画像が多くなりましたので・・・・続きを見てください。






⇒ 続きを読む
昆虫(アリ、ハチ、ハエ) | コメント(2) |permalink
| home | next