三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
ちょっと珍しいお客
先日の日曜日、
この日は小郡の花火大会明けの日で
朝6時から跡掃除の動員がかかり
眠い目をこすりながら ゴミ袋をかかえて
いつも歩く宝満川の公園でゴミ拾いをしました。

このところ暑さで寝苦しくて
朝の散歩での鳥見をさぼっていましたので
ごみひろいに、カメラと双眼鏡をぶらさげていきました。

早起きはするものです。
めったにみないセイタカシギに出会いました。
セイタカシギ2

セイタカシギ1
ピンク色の長い足、貴婦人の風情です。
2羽で、耕作調整の田んぼで餌取りをしていました。
跡掃除のうれしい余禄でした。
                          管理人 O
野鳥 | コメント(1) |permalink
夏の虫です
ようやくセミも本格的に鳴き始めましたね。本当にお暑うございます。
思い出したような連投で失礼します。
唐突ですが、この夏出会った昆虫たちをアップします。
本当はそれぞれ愛着や会った時の様子などお伝えしたいのですが、思い切って割愛して(単なる手抜きとも言う)写真のみ掲載しますが、良かったらどうぞご覧下さい。

0805aosujiageha837tr02_20080729065115.jpg 0805tatehamodoki957s.jpg
0807ruritateha523s.jpg 0806tsumahyom218s.jpg
0807himeakatateha469.jpg 0807himeakatateha469tr.jpg
0807himekimadaraseseri516.jpg 0807ichimonjiseserifm418.jpg
0805daimyoseseri090.jpg

種類を当てるも良し、行動を読むも良し、植物だけを見るも良し、造形美を楽しむも良しってなことで、テキトーにご覧下さいね。
お付き合い下さる暇かお心のある方は「続きを読む」をクリックしてつづきもご覧下さい。

⇒ 続きを読む
その他の昆虫 | コメント(4) |permalink
アオサギ~
先日Oさんもその器用な面を紹介下さったアオサギですが、見れば見るだけ面白いことをやってくれる鳥ですね。とても大きいから観察もし易いし。
便乗して脈絡もなく彼らのいろんな姿をアップします。
そう言えば20年くらい前にこの鳥を見に(というだけではありませんが)北海道はサロマ湖に行ったんだったっけ。初対面のアオサギはナマズを食っていましたっけ。懐かしや~。
今やどこででも見られるようになりました~。

まずは頭上を飛んでいったヤツ。
0807aosagi_flying512s.jpg

木に化けているのか、暑いのか?
0805aosagi_wood936s.jpg

疲れているのか、白鳥に擬態しているのか?
0805aosagi_sat873s.jpg

とりあえずウナギ喰って精力つけときますか。
0805aosagi_unagi994s.jpg

○管理人M
野鳥 | コメント(2) |permalink
会報の付録に載せられなかった画像を少し
シロヒゲナガゾウムシの♂です。弱ったグミの樹皮をかじる、かじる。樹皮がはげているのがわかるでしょう?1月以上同じ幹にいましたが、突然いなくなりました。何かに食べられちゃったかなあ?
シロヒゲナガゾウムシ♂  シロヒゲナガゾウムシ食痕

カミキリの仲間、毎年庭で発生しています。これもグミに卵を産んでいたようです。
カミキリ

ガなのに透けた翅をもってるからその名もスカシエダシャク。 ライトにまとわりついてきました。やっと離れたので全体を撮ることができました。
スカシエダシャク スカシエダシャク 

代表M


自然観察全般 | コメント(0) |permalink
虫の目、鳥の目通信電子版 24号
観察会の様子などを収めた「虫の目、鳥の目通信」の第24号の電子版ができました。どうぞご覧下さい。7月の観察会の情報などが掲載されています。

虫の目通信No.24 ダウンロード
(PDF形式,482KB)

ご感想などぜひお寄せ下さい。
他の号もご覧になりたい場合は左メニュー帯下の方の「カテゴリー」の「虫の目通信」をクリック下さい。
これまでに掲載されたものがズラッと並びます。
虫の目通信 | コメント(0) |permalink
発行物のお知らせ
発行物のお知らせ(申し込みはmikuni@room312.com 追って担当者から連絡します。)

☆ DVD「新九州歴史資料館のまわりを歩こうよ!」 
会員価格1000円、一般価格2000円 + 送料

エフコープさんの環境助成金28万円をいただき、三国丘陵の自然を楽しむ会で作成した自然観察冊子「新九州歴史資料館のまわりを歩こうよ!」がDVDになりました。「冊子の写真はきれいなのに、小さいから大きくしてみたい」というkunioさんの発案です。学校や子ども会、もちろん個人でも楽しめます。
尚、このDVDを求められた方に、冊子も一冊お付けします。郵送希望の場合は送料200円追加
下記はDVDと、冊子の夏のページの一部です。
DVD 冊子の一部

 注) 冊子のみの販売はいたしておりません。冊子は観察会にて無料で配布しております。この機会に是非観察会に足を運んでみてください。


☆ CD 「ムヨウランの森便り」 価格1000円 + 送料
  
松永が2006年にみつけたウスギムヨウランとホンゴウソウをその後1年間追跡調査して得た画像データです。ウスギムヨウランもホンゴウソウも見つけにくい貴重な植物で、各地で絶滅危惧種に指定されています。「ウスギムヨウランの1年」「ホンゴウソウの1年」「この森や林縁の生きもの」の3部構成です。 郵送希望の場合は送料140円追加
CD ムヨウランの森便り

尚、これらの発行物の価格から経費を引いたものを会の活動資金に充てさせていただきます。

代表M
冊子DVD宣伝・発行物 | コメント(0) |permalink
アオサギのダイビング
先にコサギが、大板井堰でダイビングしているのを見ましたと報告しましたが、
今度は、アオサギがやっていました。
動画も撮れたので、あまり見やすくはないのですが
アップしてみます。
ダイビングの成果は、20㎝ほどの魚を見事に捕らえていました。
魚ゲット




管理人 O
野鳥 | コメント(1) |permalink
暑い盛りの池
皆様 暑中お見舞い申し上げます。

この暑さでなかなか観察も進みませんが久々に池に行ってきました。左が今日、右が7月4日です。雨量の多かった今年の梅雨、こんなにここに水がたまったのは久しぶりのことでした。でもその後のお天気で左のような状態に。
ike ike

盛んに羽化していたのは、ホソミオツネントンボでした。 でも羽化直後にクモの巣にかかったものも。
ホソミオツネントンボ新鮮個体 hosomiotunenntonnbo

ウチワヤンマやチョウトンボも沢山でしたが、ピンボケなのでここではパス。林縁にはリスアカネ、暑い盛りの池でした。
risuakane

代表M
昆虫(トンボ) | コメント(1) |permalink
CATVの放送予定
スタジオマグピーの福島さんからご連絡いただきました。

放送は、予定どおり、今週火曜日から二週間(インターネット放送は、CATV放送終了後)です。
また久留米市のケーブルテレビ「くーみんテレビ」でも8月3日から1週間放送の予定とのことです。

syuzai1 syuzai3 syuzai2

機会がありましたら、ご覧ください。

代表M
連絡やお知らせ | コメント(0) |permalink
お店シリーズ + α
脈絡ないまま撮り溜めたピンボケ画像ばかりですが…


店の外の雨どいに留まっていたキリギリスの仲間?
灯りに

自動ドアに留まって交尾中のドクガの一種? ♂♀の区別がつきませんが、この体勢を6時間以上保っていました。その後、下側の方が飛び立てなくてジタバタしているうちに風に飛ばされてしまいました。
 ドクガ交尾1 ドクガ
⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(1) |permalink
夜の庭
夜の庭の第2弾

この日灯りに来ていたのは、小さなナミシャクの仲間です。よくぞこんなきれいな波模様になるもんだと感心!
ナミシャク

獲物を探し回っているヤモリ。蜜にアリがいっぱいきているけど、これをペロリなんてはしないのかしら。ヤモリの指の裏はおもしろいですね。蛇腹ですもん。
ヤモリ

庭も自然度が高くなった? ショウリョウバッタモドキの幼虫です。 でもちゃんと捕食者も陣取ってる。大人になるまでには危険がいっぱいです。 今日は嬉しい雨が降ったので、彼らもお水飲んだことでしょう。
モドキ カマキリ

代表M

自然観察全般 | コメント(3) |permalink
かちがらすさんに庭はジャングルと言われたので、「虎」です。

ガオ~とは言わずにブ~ンと飛んできました。
トラカミキリの仲間


黄色に黒の模様です。ハチに擬態しているとも言われます。飛んできたのはグミの弱った幹。アリが結婚飛行をした木です。時折ペロペロなめていました。
トラカミキリの仲間2


このカミキリは沿海地方に多いようですが、幼虫はハリエンジュ(ニセアカシア)を食害するそうです。実は裏が開発にあって、その後ハリエンジュがジャックと豆の木のようにぐんぐん大きくなっています。こんなところにこのカミキリがいるのはそのせいかもしれません。

代表M
昆虫(甲虫) | コメント(0) |permalink
| home | next