三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
久しぶりの野歩き
ずいぶんと投稿をサボってました、かちがらすです。
今週は仕事が雨天延期になったり、おじゃんになったりしたので久々にまとまってのんびりした日ができました。
そんなわけで久しぶりに丘陵地を歩きました。

まずは影堤にてクサガメの甲羅干し。
けっこう良いサイズのがいますね。
見る限りアカミミはいなかったようです。
クサガメ

そのあとは跡地西側の耕作地を。
アカガエルの幼体がいました。
無事変態して陸に上がったようです。
ニホンアカガエル幼体


⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(5) |permalink
ヒゲナガサシガメ
サシガメといえば、ヨコヅナサシガメを連想する人も多いほど、横綱さんは見慣れたサシガメになりましたね。でもこんなきれいなサシガメもいるようですよ。

2年前に一度やはり葉の上に乗っかっているのを見ていたのですが、また会うことができました。
黄色い長い足をしています。それに触覚がとても長いですね。足の先に爪ついているんでしょうか?なんだか握りこぶしのような感じでおもしろい。
higenagasashigame1 
横から見たら、やっぱりサシガメ。口吻がちゃんと曲がって、横綱さんとおんなじです。へ~この触覚、関節があるような感じですね。それに先が下に曲がってる。この触覚でとんとん触ってみるんでしょうか?ちょっと動かしてみればよかったかなあ。
higenagasashigame2

代表M


その他の昆虫 | コメント(2) |permalink
強烈な印象の蛾をもう一つ
これなんかどう? リオのカーニバルみたいな雰囲気あるでしょう? なんて、リオにも行ったことありませんが。これもヒトリガの仲間でハガタベニコケガといいます。 
ハガタベニコケガ

正反対に大人しい色のクチバスズメさんです。でもこれはでかい。朝8時に庭から手の届くところで交尾しているのを見つけて、ちょっと手に乗ってもらって(もちろん交尾したままです)ずっしり重かった。私の指、蛾の胴よりもブットイなあ。トホホ・・・・その後元に戻しておいたのですが、夕方6時にまだ交尾したままでした。夜8時に見たらメスだけがいました。次の朝、♀も消えていたのですが、下に赤い体液が、どうも翅のかけらのようなものがあって・・・ これから卵を産む大事なお母さんだったのに。誰だ、かっさらったのは?
クチバスズメ交尾 手乗りで~す。

代表M
昆虫(チョウ、ガ) | コメント(3) |permalink
kunioさんのクリップ ヘビさんの散歩2 08.05.26
kuniさんのビデオクリップ、今回はヘビさんの散歩part2です。
今回も「散歩と言いつつ泳いどるじゃないか」などというツッコミは受け付けておりません(笑)。
kuniさん、ありがとうございます。

kuniさんのビデオクリップ「ヘビさんの散歩2」
爬虫類 | コメント(3) |permalink
kunioさんのクリップ ヘビさんの散歩 08.05.24
kuniさんのビデオクリップ、今回はヘビさんの散歩です。
「ヘビだから散はできんやろうもん」などとヤボはなしですよ~。
kuniさん、ありがとうございます。

kuniさんのビデオクリップ「ヘビさんの散歩」

シマヘビつながりでほとんど真っ黒のヤツらの写真もどうぞ。(管理人M勝手に連動)
精悍で愛らしい顔つきでした。交接のあとか前か。それが問題だ。
(右の写真はよく見ると頭が2つ見えますよ~)
0805shimahebi971s.jpg 0805shimahebi973s.jpg
爬虫類 | コメント(3) |permalink
産卵場所をめぐって
左) ヒシの葉が池の水面に広がりはじめました。クロイトトンボの産卵も始まっています。むこうから別のクロイトトンボがやってきました。手前ではアメンボも交尾しています。
右) 2組のクロイトトンボのカップルが産卵しています。その場所に現れたのが別のアメンボのカップル。この時期まだヒシの葉は小さくて産卵が集中します。
クロイト産卵1 クロイトトンボ産卵2

左) 「これじゃ落ち着かぬ」とクロイトトンボのカップルの一組が飛び去りました。
右) おかげでゆっくり産卵ができました。
クロイトトンボ産卵3 クロイトトンボ産卵4

左) トンボもアメンボも違う葉にも産卵します。
右) 「やっぱりこのヒシがいい」と飛び去ったトンボがもどってきました。結局3組が一緒に産卵しました。
クロイトトンボ産卵5 クロイトトンボ産卵6

代表M
昆虫(トンボ) | コメント(2) |permalink
6月7日の観察会
6月7日(土)の跡地周辺の観察会は午後からおこないます。

集合 埋蔵文化財調査センター駐車場 14時15分
    解散は17時ごろ

当日は埋蔵文化財調査センターで「講座」があっているそうなので、車の台数が多いときは、周辺へお願いすることになります。よろしくお願いします。

また、次の観察会は7月6日(日)9時30分 埋蔵文化財調査センター集合です。

本日跡地の周りを少し歩きました。新九州歴史資料館の工事はすでに始まっています。建物の広さはどのくらいになるのでしょう。
イカルチドリの広場 工事中

ヨシノボリの溝の両脇に、簡易フェンスがしてあったので、お願いしていた湿地帯の保護をしてくださっているようです。福岡県さん、ありがとうございます。桜のトンネル出口そばの水溜りはよくわかりませんでした。
ヨシノボリの溝南側の簡易フェンス ヨシノボリの溝北側簡易フェンス
 
来年私たちも入れるようになったときに、草を抜いて少しくぼめて乾燥化を防げば、アカガエルなど守れるかもしれませんね。


⇒ 続きを読む
観察会 | コメント(1) |permalink
虫つながりで
最近、店の外で虫が目につくようになりました。

ゴマフシロキバガ(?)の横に、ハマキモドキガの一種ですかね~?
が
うっかり踏ん付けそうになったヘビトンボなど。
ヘビトンボ1 ヘビトンボ2

サニーの看板の上で毎朝ひときわ通る美声を聞かせてくれているのは?名前は分からないけど、いい季節だな~と思います。
セキレイ1 セキレイ2

○レインボー
自然観察全般 | コメント(5) |permalink
初夏の写真2
管理人Mさんに勝手に続けます。

風の強い日でした。アザミの種が飛びそうです。目の前から3個、1個、1個(この種は1本、2本と呼ぶのでしょうか?)と飛びました。スイバだったと思うんだけど、種にかぶりついているシャクトリムシ型のガの幼虫です。
azami tane スイバ幼虫

大きな巣を作っていたアカタテハの幼虫。さぞや中味も大きかろう、と思ってあけてみたら、まだまだ2cmにもみたなかった。ごめんなさい。  こちらは同じカラムシ族。今年お初のお目見えでした。
アカタテハ幼虫巣 ラミーカミキリ
⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(3) |permalink
初夏の写真 08.05.11
暦の上ではもう夏ということになりますね。
ということで、初夏らしく(?)生き物たちのお食事関連などの様子をどうぞ。

0805gomigumovague814s.jpg
 ↑よく見かけませんか?クモの巣のゴミ
これ、実はクモの巣に引っかかったゴミではなくて、そういうふうに見せかけているクモと彼が作ったセットなんです。よ~く見てみると
0805gomigumo816.jpg
本人がちゃんといますよ~。こうやって隠れて獲物を待つんだそうです。
よ~やります。ちなみに最初の小さい頃は巣に本人だけがちょこんといます。
その名もズバリ「ゴミグモ」です。

「続きを読む」をクリック!
⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(2) |permalink
連投ですみません
先日福岡市内某島で出会った生き物を写真だけ手抜きでアップします。
三国観察会やこのブログでもすっかりお馴染みのものもありますね。

0805harabirof712s.jpg
0805harabirof_head712.jpg 0805harabirof_mune712.jpg
0805harabirof_hara712.jpg 0805harabirof_hane712.jpg

「続きを読む」をクリック! ⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(2) |permalink
サシガメ
レインボーさんの記事で出てきたのはこれじゃないかとすぐに思ったのは、
0805birodosashigame733s.jpg
たまたま数日前に初めて見て写真を撮ったばっかりだったんです。
その名の通り翅がつや消しのビロード風でした。
レインボーさんのはアカヘリさんかもしれませんね。よ~わからんです。

私も三国で初めて「横綱」を見てからずっとサシガメもあわよくばと気をつけています。
そのおかげでこれまでに数種類と会いました。写真に撮れたものをどうぞ。
0704shimasashigame338.jpg 0706shimasashigame652.jpg
 ↑シマサシガメ(縞刺亀)
  (左の若いのは葉の裏側のカメムシを狙っていた)

0705yanisashigame480.jpg
 ↑ヤニサシガメ(脂刺亀)

0711otobisashigame297.jpg
 ↑オオトビサシガメ(大鳶刺亀)

写真はすべてこの1年くらいに会ったヤツらです。
食事中は見たことがありますが、飛ぶのはまだ見ていません。というか、まだそれとわかっていないのだと思います。
街の植込みの中や小さめの葉っぱがたくさんあるようなところで見かけています。
以上、三国での学習の成果発表でした(笑)。

○管理人M
自然観察全般 | コメント(1) |permalink
| home | next