三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
イノシシ目撃
光が丘に住む知人から知らせが入りました。
1月28日午後3時ごろ、下記の地図の★印の田んぼでイノシシのこどもを目撃したそうです。他にも見た人がいるとのこと。ここは、通学路にもなっています。イノシシは通常夜活動しますが、天気の悪い日には、動いていることがあります。

イノシシの痕跡は津古三沢の森やその林縁の畑地で多く見られます。また、簡保跡地でも1度見たという話を聞きました。空から見るとこの丘陵には、森林がわずかながら残されていますが、森林と住宅の間の緩衝地帯が毎年なくなっており、森林の際まで住宅建設が行われています。行き場のなくなったイノシシが人の生活圏に出てくるのは時間の問題と思っていました。どこかの町のように、イノシシが住宅街に入ってごみをあさったりしないように、町づくりの計画そのものを考え直す必要があるように思います。

いのしし目撃箇所


代表M
爬虫類 | コメント(0) |permalink
三国周辺の鳥
1月26日の観察会も面白かったですね。ありがとうございました。
kunioさんのコメントにもありましたイカルチドリこんな感じでした~。
0801ikachi872ss.jpg
え~っ?写真が小さいって?
気にせんで下さい。あんまり気合を入れて撮っていませんのでこんなもんです。証拠写真にはなっとるちゅうことで、ひとつ。

それから代表Mさんの記事にもありました「定家蔓」の種を私も。美しいし性能も高いということで大好きなモノです。
0801teikakazura870.jpg
「定家」と名が付くからには藤原さんに関係しているのだろうとお思いの方、正解のようです。
と言っても、直接という訳ではなく、謡曲のストーリーがモチーフだそうです。何か恐ろしいほどの情感を通して描かれた深いお話らしいですが。
写真上の方にはオイシそうなフユイチゴが写っていました。

ついでに話題のオシドリの証拠写真などもどうぞ。
下のRead More をクリックしてご覧下さい~。

⇒ 続きを読む
野鳥 | コメント(3) |permalink
淵田堤にオシドリ入っていました。
 ガンカモ調査時に見つからなかった淵田堤のオシドリです。私のカメラではこの程度しか撮れません。少なくても♂7♀4はいるようです。
 
 この淵田堤の筑紫野市側(画像でオシドリがいる方)は筑紫野南公園として整備されるらしいのですが、オシドリは静かな環境を好みます。このように周囲を餌であるドングリの多い森で囲まれているところでないと生活できません。公園自体の規模も9.4ヘクタールから4ヘクタールに変更されるということですが、減らされた場所が商業地区や住宅になったりすると環境の変化にともないオシドリがすめなくなることも考えられます。同じ三国にある筑紫野市の隈や若江地区は大規模区画整理で溜池のそばまで住宅が迫っています。こちらの隈の池のオシドリも心配です。
 
 また、淵田堤の小郡市側には里山が残されています。筑紫野市側が開発されることで里の暮らしに影響がでるのではないか、と心配しています。

 開発で暮らしにくくなるのはオシドリばかりではありません。私たちだって影響を受けるのです。o高校の生物の先生であったH川先生が試算されたところによりますと、平均的4人家族が1年に出す二酸化炭素の量を樹木が吸収するには、直径20cmの木が50本必要であるということです。2家族では100本、10家族では500本、100家族では5000本必要です。皆さんの周りにどのくらいの樹木があるでしょう。

 土地をお持ちの地権者の方々にとっては何もできない土地に固定資産税ばかり払わされるということになって大変だというお気持ちもよくわかります。緑を残すためには、ナショナルトラスト運動のようなことをしなければしょうがないということでしょうかね。

 いずれにしてもこれ以上の環境の激変が伴う工事が行われないことを望みます。
2008_0128淵田オシ0015



 さて、トモエガモですが、井ノ浦公園にまた入っていたと緒方さんから連絡をいただきました。丘陵の池を行ったり来たりしているのかもしれませんね。

 続きは猛禽の落鳥があると聞いて行ってきました。カメラも携帯もなかったので、とりあえず羽根をいただいてきました。ハイタカではないかと思いました。
⇒ 続きを読む
野鳥 | コメント(0) |permalink
1月26日(土) 津古三沢の森の観察会
1月26日(土)津古三沢の森を観察しました。
当日は風も穏やかで、ゆっくりと小鳥たちの声を聞きながら歩きました。
2008_0126津古三沢の森観察会0007-1


ヒノキの梢ではキクイタダキの群れが細い声を響かせていました。アオジやクロジ、ミヤマホオジロなどホオジロの仲間もたくさんでした。スコープをのぞいたり、ファーブルで小さな草花の種を観察したりしました。
2008_0126津古三沢の森観察会0008-1

この時期多いのが、これ。
テイカカズラの種

大きなタンポポの種のようなテイカカズラの種です。ファーブルでのぞいたところ、透き通った白い毛はどうも中がストローのように空間があるようでした。ゆっくりと風にのって飛んでいきますね。植物の繁殖戦略というのでしょうか、すごいです。

子供のころ、無双網猟についていかれたこともあるF田さんから、当時のお話を聞くことができました。参加者の皆さんもとても興味深げでした。

簡保跡地の縁を通っていたところ、Y木さんが見つけてくれたのはイカルチドリでした。
2008_0126津古三沢の森観察会0002-1

今年もちゃんと2羽が入っていました。う~ん、ここ3月から九州歴史資料館の工事が始まるんですよね。そのときすでに卵を産んでいたらどうなるのでしょう。心配ですね。
皆さんまだまだ観察したかったようですが、タイムキーパの私が追い立てまして、13時に観察を終えました。

参加された皆さん、ありがとうございました。

代表M




観察会 | コメント(2) |permalink
本日の畑地
本日は調査で近隣の畑地を回っていました。
相変らずたくさんいたミヤマガラスです。(ピンボケだあ~) この木には何羽いると思いますか?
2008_0125miyamacyousacyougenn0021-1.jpg

少なくとも156羽です。これは群れのほんの一部です。

こちらは目の前の電柱に偶然やってきたチョウゲンボウです。前後左右を確認してすぐに車を止めました。
2008_0125miyamacyousacyougenn0048-1.jpg

翼が長くてとがっていますね。 ⇒ 続きを読む
野鳥 | コメント(0) |permalink
本日の三国です。
井ノ浦公園のかもです。一昨日の朝まではトモエガモいましたが、午前中に蓬が浦池に。その後行方不明になりました。

こちらはヒドリガモの群れです。
DSCF6685.jpg


新たな鉄塔が建設中。九州歴史資料館のためか、それとも何か他の基地局でしょうか。こういうものあまり建ってほしくありません。
DSCF6725-1.jpg


⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
パソコン復活 早速編集会議の場所です。
管理人Mさんと本の虫さんのおかげで、私のパソコンが使えない間も冊子の編集作業をおこなっていただきました。お二人のご協力に「感謝!感謝!」です。

昨日埋蔵文化財調査センターにいってきまして、4日の予約ができました。

2月4日〈月) 編集会議 10時~ 埋蔵文化財調査センター 小研修室

ご自分の分のお昼をお持ちください。 管理人Mさんからのメールにもありましたように、印刷屋さんからいただいた初稿の校正をおこないます。なんか気になる、という部分、ありませんか? 参加できない方、そういった部分、お知らせいただきましたらありがたいです。
これまでにも、3名の方々のお名前が間違っていることがわかりました。大変失礼いたしました。

さて、こちらは、小郡市干潟に今年もやってきたタゲリです。14羽いました。
tageri

こちらは、筑前町東小田の麦畑に飛んでいた「カラス避け」 ふつうは黒いビニールをつけてありますが。う~んこれはなかなかよくできている。
からすよけ


ところで、会員のF田さんから、17日13時から三国の如意輪寺で「火渡り」があるとお知らせいただきましたので、行ってきました。私にとっては初めて見るもの。なかなかおもしろかったです。 ⇒ 続きを読む
★冊子編集 | コメント(7) |permalink
観察会のお知らせ
次回の観察会は、簡保跡地の裏の森を歩くつもりです。
尚、虫の目、鳥の目通信の今後の予定も見てみてくださいね。

1月26日(土) 
集合 9時30分 小郡市埋蔵文化財調査センター駐車場  要保険料など。

13時ぐらいまでかかりそうですが、お急ぎのかたは途中まででもご参加ください。

それから、簡保跡地の工事ですが2008年3月~2009年6月ということで、現在はまた入れるようになりました。詳しくは、九歴のHPをごらんください。

道路に散乱したコジイの実を食べていたアオジです。(ひどい写真ですが)
DSCF6230-1.jpg

こちらはジャノヒゲ。この実むいたことありますか?
DSCF6215-1.jpg

代表M
観察会 | コメント(3) |permalink
トップの背景写真交替しました
冬らしい画像にせないかんと思いつつ、なかなかできずにおりましたが、やっと交替要員を作成しました。
これはクサシギ(草鴫)という鳥で、冬を中心に川辺でよく見られます。
この写真のは津古駅から車で5分くらいの川にいたものです。
あまり目立たない色と形だからでしょうか、あまり話題にならないような気がします。
今度川辺に行ったらちょっと注意して見てみて下さい。
意外にすぐに会えたりするかもしれませんよ~。

久々の投稿で手ぶらでは気が引けますので、潜水鴨で最も良く見られるもののひとつ、ホシハジロ(星羽白)の写真もどうぞ。
0801hoshihajiros672.jpg

●管理人M
連絡やお知らせ | コメント(1) |permalink
虫の次は
冬の主役は鳥でしょうか。

このところ毎日のようにハクセキレイ(だと思う)が遊びに来ます。
店の外で何かついばんでいます。
あ~、カメラ…と思っている間に見失ったり
シャッターチャーンス!!って時に幸か不幸かお客さま…
なんてことが続き、やっと今日カメラに収めることができました。
CIMG0575b.jpg
素人が、しかもデジカメで野鳥を撮ろうなんて無謀なこと。

動画も撮ってみました

どうぞ温かい目で見てやってくださいませ。

レインボー
野鳥 | コメント(4) |permalink
暖かな1日でした。
本日の始まりは、もやでバラ色に煙っていました。すぐそばの花立山がこんなふう。
DSCF6243-1.jpg


空が明るい日、8時前には丘陵を発って餌場にいるはずのミヤマガラスです。丘陵の東端、横隈の高台でどうしようかな・・・・・。 電線にずらりとならずに、ばらけている時は、群れの一部は飛び立ってしまっていることが多いです。 今日も早い群れは筑前町の東小田小学校のもっと向こうの麦畑で餌を食べていました。 
DSCF6245-1.jpg


今日も気温が上がるという予報でした。里山を歩こうと思いました。

⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(1) |permalink
今年の幕開けは・・・
いつもの元旦は近くの藪に入りツルウメモドキやセンリョウ、ジャノヒゲなどを愛でて一人幸せな気分に浸るのですが今年は残念ながら藪には行けずむしろ自然の脅威(?)にさらされました。

元日、冷水トンネルを出たところで立ち往生。この積雪です。
CIMG0559.jpg CIMG0560.jpg

約1時間かかって平地まで降りてホッとしたところで子供たちとの心温まる一期一会。
CIMG0561.jpg

越冬ツチイナゴちゃんは相変わらず店内で元気に新年を迎えたようです。
CIMG0570.jpg
温室のような店内からいきなり酷寒の屋外に出すのはかわいそうかなぁと思って…。

レインボー
自然観察全般 | コメント(3) |permalink
| home | next