FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
線香花火
三国の湿地にあったカヤツリグサの仲間です。「わっ線香花火みたい」と独り言。
カヤツリグサの仲間

他にもこんなに小さな花や
ハシカグサ

こんな可愛い花がさいていました。
ナガバノウナギツカミ

代表M
植物 | コメント(1) |permalink
今月今夜のこの月
久々の皆既月食でした。部分月食は去年も一昨年もありましたね。
全部陰になっている間は仰角が低くてウチからは良く見えませんでした。
少し月の光が再び戻り始めた頃からチラチラ見ていましたがなかなかでしたね~。
「お月さん何喰ってんのかな~?」
(これがわからないほど若い人は見てないですよね)
0708le479s.jpg

●管理人M
自然観察全般 | コメント(2) |permalink
冊子編集会議 8.25
25日の観察会のあと、小郡市埋蔵文化財調査センター(レクセンター跡地隣接)にて、第2回編集会議を行いました。観察会に参加された皆さんすべてが会議に出て下さいました。
ありがとうございました。

会議では、出版の目的や予算、冊子の形、編集日程のめやす、内容の目次立て、画像や挿絵の募集、絵地図の作成、通信や付録を元に作ること、編集は皆が協力して行うこと、また、作成した冊子の配布先など話し合い確認しました。

また、「会員はすべてスタッフとみなす」とのエフコープさんとの取り決めで作業は必要経費以外すべて手弁当でおこなうことも了承していただきました。

また、監修者へは少なくとも12月中旬までにはお渡ししたいので、早急に内容を確認していかなければなりません。

9月中には、内容の目次立てを決定します。
同時に画像や挿絵も募集しますのでご協力頂ける方、早めにご連絡ください。

最後に、管理人Mさんに編集長をお願いすることになりました。

●代表M
★冊子編集 | コメント(0) |permalink
ウチのアカザ
アカザの記事を見て「そう言えば」と思い出してしまいました。
ウチにもいたのでした。どアップでどうぞ。
akaza468.jpg

●管理人M
| コメント(2) |permalink
厳しい世界ですね
8月27日、若江の溜池ではタイワンウチワヤンマが縄張りを主張していました。
タイワンウチワヤンマ1


12時9分21秒 バサバサという音。先ほどのヤンマがクモの巣にかかったのです。
クモの巣にかかったタイワンウチワヤンマ1


大きなトンボです。逃げ切れると思っていました。バサバサ、バサバサ翅をばたつかせて逃げようとします。

12時9分34秒 すぐさまやってきたクモ、腹の先にかみついたようです。
DSCF4010-1.jpg


とたんにトンボの動きが鈍くなりました。
12時10分48秒 クモは離れたところで待機しています。ぼやけて見にくいですが、トンボの上の方にいます。
クモの巣にかかったタイワンウチワヤンマ4



続きを読むをクリックしてくださいね ⇒ 続きを読む
昆虫(トンボ) | コメント(3) |permalink
アカザ
 魚の展示などをなさっているYさんが、「ちょっと見せたい物がある」と家に寄ってくださいました。
 発砲スチロールの箱の底にいたのは、なんとアカザです。福岡県の絶滅危惧種にもなっている魚です。冷たくきれいで、石ころのある川底などにいるそうです。
 「子どもの頃は平気で捕まえていたけれど、鰭に毒があると知ってからは、なんだかそっとしないと刺されそうな気がするね」とのこと。
 私も一度見たいと思っていた魚です。今回のアカザは筑後地区のある川にいたそうです。

アカザ


代表M
| コメント(2) |permalink
編集会議のお知らせ
9月3日(月)14時から17時まで
小郡市三沢
ふれあい館三国 TEL 0942-75-3392 にて編集会議を行います。(Yahoo地図)
今度の自然観察冊子は私たち皆で作りたいと思います。お時間があれば、どうぞご参加ください。

代表M
★冊子編集 | コメント(0) |permalink
8月観察会速報
8月25日の観察会の様子です。
9時30分の集合に合わせるように雨が降りましたが、お構いなしにスタート。
シナサワグルミの木で早くも人垣が。
フトメイガの仲間の幼虫の仕業らしき食痕をOさんが早くも発見したのでした。
言われてみればあちこちにたくさん見られました。
さらに背丈よりも高いけど手が届くくらいのところにタテハチョウが雨宿り。
0708komurasaki430s.jpg
コムラサキでした。残念ながら表側は見せてくれませんでしたので♂♀もわかりませんでしたが、雨の恵みでしたね。

反対側で美声を披露してくれていたホオジロもスコープで観察。こちらも雨のせいか木の天辺でなくちょっと下で羽繕い。

下の「Read More」をクリックして続きもどうぞ

⇒ 続きを読む
観察会 | コメント(7) |permalink
25日の観察会集合場所と駐車場の場所
8月25日の簡保レクセンター跡地の集合場所と駐車場の場所は、正門を真っ直ぐ入って、左側、ツツジやイスノキの植栽で囲まれた部分です。

当日はイセキ農機さんの展示会が九歴移転予定地で行われていますので、正門は開いています。11時から跡地より直接埋蔵文化財調査センター奥の小研修室で、自然観察冊子作成のための話し合いを行います。

代表M
連絡やお知らせ | コメント(1) |permalink
★自然観察冊子作成決定!!★
21日付の記事でもお知らせしておりました三国の自然観察を楽しむための冊子作成のことで続報です。

助成金交付決定通知書が届いたそうです!

これで正式に冊子を作ることが決まりですね。

交付決定を下さったのは「エフコープ」で、「環境助成金」というものだそうです。有難いことですね。
詳細:エフコープの該当ページ

さーて、これからこの冊子に関することもブログ記事として時々出て来ると思われますが、冊子に掲載する三国の自然に関することは、皆さんの目でこれまで(編集完了まで)観察、発見して来たことそのものです。
いくつかの角度からそれをまとめて、その他地域的、歴史的なことなども組み合わせたりして、専門家の監修も頂いてできあがることでしょう。
レクセンター跡地に歴史資料館が立ち上がった後も「自分も関わってできた冊子」を手に持って三国を散策できたらまた格別と思いませんか?

挿絵1枚、写真1枚、アイディアひと言、プリントアウト1枚、差し入れ1回、校正1ページなど何でも「編集委員の作業」に該当すると思います。ぜひぜひご参加、ご協力下さい。

まずはとにかく今度の25日の観察会にご参加下さい。
11時頃から編集委員会と称してこの件のお知らせなどもあるようです。

●管理人M
(どうでも良いですけどここはMさんばっかりですね~)
★冊子編集 | コメント(1) |permalink
三国の里山
 本日Mご夫妻と三国の里山を歩きました。以前湧水があったという場所を教えて頂きました。その場所は、湧水とは知らずにこれまでも何度か訪れたことのある場所でした。以前より水量がグッと減っていました。
 ご夫妻も、以前は砂から水がどんどんわいていたのに、と残念そうでした。人々から忘れられた湧水地は、耕作放棄地の隅で夏草に覆われていました。他にもそんな場所があったそうで、子どもの時に冷たい水を飲んでとてもおいしかったそうです。
一の口


 そんな場所でこの羽根を拾いました。キジでしょうか?どなたかわかりませんか?
 羽根


 こちらはカワラケツメイ。水路沿いは草刈りが毎年定期的になされているので、この植物も毎年見ることが出来ます。豆科なのに、花が豆らしくないでしょう?
カワラケツメイ


代表M
会のようす | コメント(4) |permalink
カササギの巣
通信14号でカササギの報告がありましたので、その尻馬に乗っての報告です。カササギは電信柱に営巣する事があり、巣作りには木の枝以外に針金を使ったりします。これが原因でショートし停電になった報道が時々あります。団地内を歩いてたら、電信柱に「カササギ営巣管理中 九電」の鉢巻がしてあるのを発見。上を見ると、確かにカササギの巣がありました。その後時々チェックしてたら、繁殖も終わり巣を放棄したのか、鉢巻と巣がなくなっていました。九電さんも、自然保護の配慮、大変ですね。ご苦労さまです。kunio

カササギ    カササギ




カササギの巣表示カササギ1


電信柱のある風景カササギ2


カササギの巣  カササギ3

野鳥 | コメント(2) |permalink
| home | next