FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
テングチョウの幼虫
三沢の林縁です。ここは西側道路で、東に藪があるため、午前中は日陰でとてもありがたい場所です。藪の中ではキビタキが、三沢の森林ではホトトギスの声が響いていました。

エノキの若葉に怪しい食痕です。裏返すと小さな幼虫がついていました。テングチョウの孵化したばかりの幼虫と思います。
しばらくすると葉裏から自分が食べた小さな窪みに頭を入れて、続きを食べ始めました。風が吹くので、ピントがなかなかあいませんでした。
テングチョウ孵化幼虫-2 テングチョウ孵化幼虫-8

別の若葉を持ち帰り、ファーブルで見たら、卵の殻がついていました。でも、この葉に幼虫は見つかりませんでした。おまけに、若葉は水揚げが難しく、すぐにくた~となってしまいます。大きな幼虫がいれば、しっかりした葉でも大丈夫かと思ったのですが、
大きな幼虫は見つかりませんでした。
テングチョウ卵の殻-4

他にもエノキの葉の上にはエダナナフシ、随分大きくなりました。
エダナナフシ-10

ネズミモチの実は虫こぶになっていました。ノブドウの葉上のアカガネサルハムシ、いつ見てもきれいです。
ネズミモチの虫こぶ-16 アカガネサルハムシ-11

イチイガシの若葉にいるキボシノミゾウムシです。普段は若葉(左の画像が食痕です)を食べていますが、今日はまだ開く前の芽に3匹ついていました。ノミゾウムシの仲間の幼虫は葉潜りだそうなので、産卵のためかもしれないと思いました。同じイチイガシ、しっかりした葉の中心の芽に違和感がありました。こういう色合いの時は、ゾウムシです。やはり、アカコブコブゾウムシがついていました。
キボシノミゾウムシ-15 違和感のある芽-14

ビナンカズラの蕾も見つかりました。
ビナンカズラ蕾-12

今週はやっと入梅でしょうか。生き物たちもカラカラ天気に困惑しているかもしれません。

代表M
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
葉陰と地面で
ハイ、夏立ちましたね。気温もぐっと上がってます。
庭の話で恐縮です。

こんもりと茂った葉の中はヒナを隠すにはもってこいですね。ここ数日メジロたちが巣立ちビナを連れていて、とても賑やかです。
小さな巣の中でひっつきもっつきして育ったヒナ、巣立ってもまだくっついています。餌をもらおうと翼を震わして鳴いていたり、また、「もう独り立ちしなさいバチバチバチ」と追い返されたり。
mejiro-12.jpg mejiro-11.jpg mejiro-13.jpg

コナラの木陰の地面では、ジカバチが大きなエダシャクを運んでいました。ジカバチの幼虫の餌はハスオビエダシャクの終齢幼虫のようです。このエダシャクは春に羽化して卵を産みます。今いる幼虫はこれから蛹になって来春羽化ということのようですが、地面に潜るためにコナラから降りてきたところだったのかもしれません。ジカバチの巣穴は芝生の端にあるモグラ塚の跡。ここに穴を掘って入り口は仮閉鎖(余計なものが入らないように入口をふさぐこと)してあります。
jikabachi-1.jpg jikabachi-2.jpg jikabachi-3.jpg

巣穴に着くと、一旦芋虫を横に置きます。そして、ふさいでいた土くれや石ころなどを穴から運び出します。それにしても自分の頭より大きなものも利用していたとは驚きです。
jikabachi-4.jpg jikabachi-5.jpg jikabachi-6.jpg

石ころなどを出してしまうと、芋虫をくわえて中に引きづりこみます。
jikabachi-8.jpg jikabachi-9.jpg

芋虫が入ってしまってしばらく出てきません。この間に獲物に卵を産みつけているはずです。

そして、また穴に石ころなどをつめていきます。 何度も何度も行ったり来たり、別のところに石を持っていったり、また脚で後ろに土を飛ばしたり、こうして穴はわからなくなりました。 
jikabachi-10.jpg jikabachi-11.jpg

この間もメジロたちがチイチイ鳴いたり、ピタッと鳴きやんだり、上の木立ちは賑やかでした。

ジカバチの名前の由来である羽音のジジ、ジジ、ジー、ジー、ジというのを聞いてもらいたくて、動画を撮っていたのですが、認証IDなるものができたようで、アップロードできませんでした。ちょっと残念。

代表M



自然観察全般 | コメント(0) |permalink
夏立ちました
4月中から25度を超える日もありましたが、下旬は雨と低温の日が続きました。
5月に入って観察会の4日からまた暖かい日が優勢になりましたが先週はそれほどでも。
といった具合でこのところの「例年」よりやや涼しい晩春~初夏だと思います。
いずれにしても野生の生き物は暖かい季節を迎え、繁殖の様子があれこれ見られる頃ですね。
例によって写真中心の手抜き方式ですが、いくつかどうぞ。

まずは代表Mさんの記事にあったジロボウエンゴサクの仲間、ムラサキケマンとキケマンの種です。4月下旬の写真です。
1904murasakikeman_mi5836.jpg 1904kikeman_mi5841.jpg
自生ジロボウの種を撮ろうかと思ったんですが、この日の場所近くにはなかったとです。
ジロボウエンゴサクも含めてこれらはケシ科でもキケマン属という仲間とされてます。
同じ仲間でも種の印象が違いますね。ムラサキは寸胴。代表Mさん写真のジロボウの種はキケマンに似た感じですかね。

1904maimai5853.jpg 1905numagaeru06123.jpg 1904tanuki_footprints5329.jpg
少し雨が降るとカタツムリ(マイマイ)やカエル(写真はヌマガエル)は活発に動きやすい。
雨の後タヌキが歩くときれいな足跡が残ります。
こういうものも三国でも見られると思います。

アーモンドは鈴なり!
1904matebashii_greenseeds5336.jpg

ってウソですよー。
1904matebashii_greenseeds5346.jpg
皆さんよくご存じのマテバシイの青い実です。
去年の実が大きく育っていながら新しい芽も出す仕組み。
ドングリの多くはこうやって複数年かけて熟して行くわけです。

鳥が渡る季節後半となっています。
1905sashiba6239.jpg 1905hachikumas6277.jpg 1905hachikumam6672.jpg
↑左だけサシバ、中右はハチクマ
ハチクマは5月下旬頃まで福岡どこでも上空を渡るのが見られると思います。
サシバは渡りはだいたい終息、でも割と近くで繁殖していると思います。

長崎の海上でアジサシ200羽に当たりました。渡りと言うべきか移動と言うべきかわかりません。
1905ajisashis6379.jpg 1905kijibato6369.jpg
渡る途中で「這う這うの体」でフェリーに辿り着いたキジバトなんかも遭遇しました。
いわゆる渡り鳥でなくてもこうやって海を渡っているのがいるのでした。

○管理人M
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
子グモの旅立ち
数日前に見つけたクモの円居(卵嚢から出た子グモが一時的に集合して過ごす状態)です。膝丈ぐらいの場所にありました。
円居-10

その後草刈をしたせいか、円居は頭の高さほどのヤツデの葉裏に移っていました。卵嚢はどこにあったんだろうと探すと、ヤエムグラの側の茂みの中、ヤブツバキとスイカズラを貼り付けたところにありました。ガの卵の抜け殻などもついていますので、おそらく昨年のどこかで母グモが産みつけたのだろうと思いました。黄色いからだのクモ、ジョロウグモではありませんし、いろいろネットで探しましたが、種はわかりませんでした。
円居-11 クモの卵嚢-12

と、昨日のお昼前、子グモたちが移動を始めました。どうやら、旅立ちのようです。ほとんどはコナラの木へと上っていきます。でも、下に行くものも。
子グモの旅立ち-1 子グモの旅立ち-2 子グモの旅立ち-9 

時々風に飛ばされます。子グモたちはまとまったり、散らばったりしながら、上へ上へと目指していきました。
子グモの旅立ち-3 子グモの旅立ち-4 子グモの旅立ち-5

1時間ほどして見てみると、もう子グモたちは見えませんでした。ためしに、一番上の枝の画像を撮ってみると、2匹(←の先)写っていました。
右の画像はその一部の拡大です。
子グモの旅立ち-7  子グモの旅立ち-拡大


そして、キヅタの下のスイカズラの葉の間に、小さなネットを張った子グモを1匹見つけました。
子グモの旅立ち-8

他の子グモたちも、このようにそれぞれネットを張っていることでしょう。

代表M


自然観察全般 | コメント(0) |permalink
季節が移っていきますね。
庭で小さなものを観察しました。
コナラの葉を食べていたアシナガオトシブミ、真っ赤でとってもきれいです。口元にしっかりとコナラの繊維がついています。
ashinagaotoshibumi-2.jpg

小さな蜂が地面近くを飛んではとまりを繰り返していました。ヤドリコハナバチの一種?よくわかりません。ヤドリコハナバチとすれば、寄生するということでしょう。何でも、労働寄生というそうで、他のハナバチの仲間の巣穴で餌を盗んで食べて育つということらしいです。地面近くを飛んで何かを探しているということはハナバチの巣穴を探していたのかもしれません。
yadorikohanabachi-5.jpg

この時期には、小さなヒメハギも咲いています。種にはアリの好物がくっついていて、アリに運ばせて分布を広げるそうです。庭に植えたわけではありませんので、そうやってこの花はうちにもやってきたのでしょう。
himehagi.jpg

ムシヒキアブの仲間も羽化していました。画像を見て、びっくり。お食事中だったようです。アブラムシでしょうかね、犠牲になったのは。
mushihikiabu-1.jpg

観察会の時にも現れたクロボシツツハムシです。この仲間は、卵を糞で覆います。幼虫は糞でケースを作るのですが、この幼虫は地表で生活するとネットにありました。
kuroboshitutuhamushi -4

ふと見上げると、北側のお宅の屋根の少し上をサシバが南に向っていくところでした。小さな世界ばかり見ていたので、なかなかフォーカスが合わず、とらえた時にはかなり上昇した後でした。サシバが渡って、もう初夏なんだな~と感じた1日でした。
sashiba.jpg

代表M







自然観察全般 | コメント(0) |permalink
| home | next