FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
7月4日の観察会
7月の観察会です。過去には特別警報がでて、開催できなかったこともありました。三国は曇りでしたが、熊本では大変な被害がでてしまいました。毎年この時期は、どこかで災害が起きています。被災された方になんと申し上げてよいのか、言葉が見つかりません。早くいつもの穏やかな日々が戻るようにお祈りいたします。

さて、
久留米のGさんが確かめてくださったポプラの高木を早速眺めます。これまで、葉が上の方にあり、あまり眺めたことありませんでしたもんね。
1.jpg

コガマ池のそばのコナラの葉です。コオロギとマダラスズ?、おまけにアリンコが止まっていました。微妙な距離感です。
2.jpg

こちらも絶妙な距離感を保って観察です。上空では、ミサゴも姿を見せました。
3.jpg

こちらはびっしりくっついて若い幼虫期間をすごすモンクロシャチホコです。嫌いな方ごめんなさい。この数でしばらくは食い進みますので、最初の葉は薄くなるだけ、今は主脈と葉脈を残した葉、そして、主脈だけの葉と齢に応じて食痕も変わっってきます。
4.jpg

林床には、なぜかカワニナの殻(中身がない)があちこちに。なんでカワニナは上に上がってしまったのか、そもそも自分であがったのか? なぜ、殻だけになったのか? そういうことを推理しながら進みました。
5.jpg

田んぼに水が入り、水性生物たちが沢山動いていました。田んぼによって、生物の数も週類も変わってきます。この田んぼには、カイエビやゲンゴロウの仲間、ガムシの仲間などがたくさんいました。とくにヒメガムシがわじゃわじゃいます。ジャンボタニシの殻にのっかっているものも。ガムシの仲間は幼虫はすべて肉食なのですが、下記のページによると、ヒメガムシの成虫はドロの有機物を食べるということが書いてありました。ひょっとして、タニシの糞狙い?なんて画像を見ながら思いました。
(外部リンク:ヒメガムシを守るために ~その生態から見えた生物多様性の維持の方策~)
6.jpg

その後、館の側でまとめをして・・・・といっても、「あっタマムシが飛んだ」とか、「トックリバチの巣があった」、とか、「クサカゲロウの幼虫だ」っとか、またカワセミが鳴いているな~などと、目や耳はしっかり観察しているのでありました。

参加された皆さん、ありがとうございました。

代表M



自然観察全般 | コメント(0) |permalink
会報少し遅れます。
少しバタバタしていましたので、会報少し遅れます。

hirata-1.jpg mayutateakane-2.jpg
コナラの上の方に、ヒラタクワガタ、ネジバナの側には昨年生まれのニホンアカガエル(両方一緒に撮れないか、グズグズしていたら逃げてしまいました)、30cm程の葉の上には、羽化したてのマユタテアカネが来ていました。庭の一コマです。梅雨の合間、今日は清々しいですね。

観察会は、曇り一時雨の予報、7月初めの観察会はいつも雨まじりですもんね。今後の梅雨、豪雨にならないことを願います。

代表M
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
ところかわれば その2
地元の生き物のことを書きたいのですが、今季はどうも遠めのところでの仕事が多くて。すみません。
まあ気楽にひとつ。
ということで、今回もクイズ形式です。

1.この鳥は誰でしょう?(最近本ブログでも話題になったのですが)
2006kakko0991.jpg
ブログの記事にもあるように、三国でも渡りの時期にはちょっと見られることもある鳥です。

2.このチョウは誰でしょう?
2006daimyoseseri0921.jpg
これも三国などその辺で見られるチョウですが、ちょっと違うのです。

3.このチョウだーれだ?
2006usubashirocho0924.jpg
これは三国では見られません。関門海峡渡らないといないというものです。

4.このカエルは誰でしょう?
2006azumahikigaeru0792.jpg
これも三国でも山辺にはいるかもしれません。
でもこれまたちょっと違うのです。

5.この鳥は?
2006nosuri0984.jpg
三国でもお馴染みの鳥ですが…

答えなどは「続きを読む」をクリックしてご覧ください。
○管理人M

⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
キラッと光る
庭のジョロウグモの円居です。クモの巣がキラキラ光っていました。円居を作るのに、糸がこんなにあちこちに張られているとは知りませんでした。
jyorougumo madoi-1

こちらも光っていたルリツツハムシ、毎年コナラなどの葉上で見かけます。この日はアジサイでした。昨年はツツハムシの仲間がとても多かったのですが、今年はまだあまり見かけません。どうしてでしょう。
ruritsutsuhamushi-2.jpg

三沢の林縁でコジイの葉上でキラリ。カメラで拡大して蛾であることがわかりました。モグリチビガの仲間らしいことがネットでわかりました。
mogurichibiga-3.jpg

最後はラクダムシ。産卵管がありますね。この翅や体の横線がキラリキラリと太陽に反射してとてもきれいでした。1匹はコジイの葉上、もう1匹はビナンカズラの葉上にいました。以前大木のイチイガシの葉にいたことを思い出しました。森林性の昆虫だったのですね。いかにも「肉食だぞ~」というお顔をしています。獲物を探しているのでしょう。1日に2匹も見たのは初めてのことでした。
rakudamushi-4.jpg rakudamushi-5.jpg

代表M



自然観察全般 | コメント(0) |permalink
ところかわれば
自粛一色で楽しくない とお嘆きのあなたへ季節ものの自然写真クイズをひとつ。
今回は普段三国やその近辺ではあまり見られないものが並ぶかも。

①これは何の糞でしょう?
2004kitsune_fun0980.jpg
一番太い部分の径は2cmくらいあります。どんなものを食べたか想像してみてください!

②何の花でしょうか?
2004shojobakama_birotsuri0290.jpg
福岡でも似たものは見られます。色がちょっと…

③こちらの花は何の花?
2004katakuri_hana0396.jpg
福岡で少なくとも天然ものはないと思います。だけどあの食材の元々の材料です。

④これは誰がどうしてできたもの?呼び名は?
2004kumadana_kuri0430.jpg
九州では見られません。

⑤なーんだ?これ?
2004kurosanshouo_tamago0414.jpg
白くて丸いものはひとつが4cm×6cmくらいで水の中。九州では見られません。

暇つぶしにいろいろ考えてみてくださいね。
こたえは「続きを読む」でどうぞ!
○管理人M

⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
| home | next