三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
臨時観察会的なのやります
久留米のGさんのしっかりした記事を邪魔してすみません。
7月が大雨で中止となり、8月もお休みですから、間がちょっと空きすぎてしまいました。
ということで、7/22日曜日に非正規の観察会モドキをやろうかと思います。
1806kooniyanma2302.jpg
 (↑写真は道端のコオニヤンマ♂)
個人的にうろつくのがたまたま複数になるくらいのことですが。
要領はいつものような感じで9:30頃駐車場(または館の日陰)から始めて、いつも以上に緩く観察してまわろうかと。
おそらくとっても暑いと思いますんで、帽子や冷たい飲み物など対策は必須です。
あまり目玉的なことは思い付きにくい時期ですが、何か必ず楽しい発見はあるかと。
ご希望等ありましたらメールください。

〇管理人M
観察会・連絡やお知らせ | コメント(2) |permalink
九州歴史資料館周辺散策マップできました
何はともあれ、刷り上がってできあがっていました。
福岡県北筑後保健福祉環境事務所が「三沢ビオトーププロジェクト」として今年度、昨年度かな?やってきたことの最後のイベントとして作るということで三国の会が全面的に協力してきたものです。
結局最後までその企画の目的や意味などは県から何も説明なく不明のままですけど(凄すぎるでしょ?)。
180304map_imago.jpg
実物は歴史資料館に行けば置いてありますので誰でも無料でいくらでももらえます!
実際にはウチで編集作業しましたので電子データを配布しようと思えばできるんですが、私のものでも会のものでもなく県のものですんでやめときます。 ⇒ 続きを読む
観察会・連絡やお知らせ | コメント(0) |permalink
【応動昆 お知らせメール】 667号 「城山生態学講座」参加者募集のお知らせ
久留米のGさんからのお知らせです。

2018年3月27日および28日に、鹿児島大学と鹿児島市「城山」において、湯川淳一先生を講師とした生態学講座(室内講義と現地調査)が行われるそうです。 詳しくは、日本応用動物昆虫学会 『鹿児島大学農学部害虫学研究室主催 「城山生態学講座」参加者募集のお知らせ』http://odokon.org/archives/2018/0130_003942.php をご覧ください。
参加資格は問わないそうなので、楽しむ会のメンバーで興味と時間のありそうな方は行かれてみませんか?
明後日の観察会にも文書を持参します。
参加を希望される方は、下記の連絡先までお知らせください。(参加申込〆切:2018年2月28日)。

【問い合わせ先】
・参加申込および講座の内容に関する質問
佐賀大学農学部 徳田 誠
メール*:tokudam(at)cc.saga-u.ac.jp
電話:0952-28-8792
*注:(at)を@に変換の上、ご送信ください。

代表M
観察会・連絡やお知らせ | コメント(0) |permalink
三国でタカの渡りを見よう!
いきなりですが9月24日日曜日にハチクマなどタカの渡りを観察してみることにしました。
1609hachikumas2583.jpg 1706hachikumaf9848.jpg 1610haitaka3125.jpg
↑左から2枚渡って行くハチクマ、右:渡るハイタカ(いずれも他所で撮ったものです)

<新着写真追加!>
1709hachikumam1907.jpg
↑今年のハチクマ♂(9/14長崎県で)
各地でどんどん渡っています!

いつもの観察会よりさらにラフでゲリラ的なものですのでどうぞ気楽にお出かけください。
■9月24日(日曜):10時頃から14時頃までのつもり
一応資料館駐車場に10時頃に行って、それからやおら始めますが、短い時間でもお寄りくださればと。
ちなみに去年や一昨年は2時間くらいでハチクマが数羽見られました。
渡りを見るのは当たりかハズレでして、何も出ないかもしれませんし、結構な塊が見られるかもしれません。
また、他にサシバ、ノスリ、ハイタカ、チゴハヤブサなど他の猛禽、コサメビタキ、コムクドリなど渡りの途中の小鳥なども見られるかもしれません。
雨が降れば中止します。雨だとあんまり活発に飛びませんし、飛んでも視界も悪く、レンズなど濡れるのもいやですから。

観察は「1.弥生の丘」か「2.駐車場北側建物の反対側日陰のプラットホーム」でやります。
つまり、駐車場か1か2にいますので、すぐにわかると思います。

双眼鏡はぜひお持ちください。なくても望遠鏡はあります。
カメラもご自由にどうぞ。シャッター押したくなるようなのが出れば良いですけど。
帽子や傘などの日差し対策、ドリンク、食糧は各自お願いします。
足りなければ車に戻るなり買い出しに行くなり出入り自由です。
いらっしゃった方には飛ぶ猛禽シルエット見分け紙を差し上げます。
程よい好天だと良いですねー。
ぜひどうぞ!

○管理人M
観察会・連絡やお知らせ | コメント(0) |permalink
3月4日の観察会と第3回編集委員会
3月4日、朝は冷えましたが、そのうちに気温がぐんぐん上がったようです。朝からノスリやハイタカ、トビと空は賑やか、田んぼから驚いて九歴の木立ちに避難するアトリたち。そんなスタートでした。
3月4日-1 3月4日-2

まずはヨシノボリの溝(うなで)の人工湿地(仮称 コガマ池)へ。
ニホンアカガエルが少ないながら卵塊を産み付けていましたが、すでにオタマジャクシが孵化しているものもあったそうです。
私は気候についていけず、リタイア。(残念)

その後、西の疎林後、西の田へ。
成虫越冬中のキタテハも暖かさで日光浴。ウマノアシガタも咲いていたそうです。久留米のGさんの画像です。Gさんありがとうございました。春が始まったという感じですね。
RIMG2427.jpg RIMG2428.jpg

午後からは、第3回三沢遺跡自然観察リーフレット編集委員会を行いました。この日は皆さんから出たものを少し整理しました。
第3回三沢遺跡自然観察リーフレット編集委員会-3

観察会、編集委員会参加された皆さん、ありがとうございました。

今後の予定です。
第4回編集会議 3月11日(土)
第5回編集会議 3月25日(土)

いずれも、埋蔵文化財調査センター13時30分~16時30分 

皆様の参加、お待ちしています。ちょっとだけ、覗いてみようかな~というのももちろんOKです。

代表M



観察会・連絡やお知らせ | コメント(0) |permalink
| home |