FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
センリョウ
久しぶりに入った林の中にセンリョウの小さな群落がありました。
センリョウのグラデーション

生えている場所は狭い範囲なのに、微妙に日光の当たり具合が違うのでしょうね。

朝晩冷えて、そろそろ年賀状の話もでてくるようになりました。今年も後2ヶ月、月日の経つのは早いものですね。

代表M
植物 | コメント(0) |permalink
サツマイモの花
時々通る道端のサツマイモの畑に、9月5日にめったに見たことのない花がちらほら咲いていました。花の大きさは、ヒルガオをひとまわり小さくしたくらいです。下はしぼんだ花です。
RIMG3634.jpg RIMG3635.jpg RIMG3636.jpg
RIMG3633.jpg

ネットで調べてみたら、日本イモ類研究会のブログにQ&Aがあり、開花の条件が列記されていました。
・干ばつ気味の年には咲くことがある。
・赤土でマルチを使い、施肥料は少なく、雨も少ないような条件では、ツルの伸長が遅れて咲くことがある。
・病気にかかったり、イモをネズミなどにかじられた場合にも咲くことがある。
とありました。
また、種苗会社のブログに、NHKの「子ども科学電話相談」の植物担当でおなじみの甲南大学の田中教授が、「サツマイモの花が咲くためには、暖かい長い夜が必要だ。だから、九州南部や沖縄などではよく咲くようだ」などと解説してありました。

サツマイモは、アサガオと同じヒルガオ科なので、同じように夜暗いうちから開きはじめるのかと思い、久しぶりに徹夜で見張ってみました。サツマイモのツボミのついた茎を切って、水差しでの時刻の経過でのツボミの変化の画像を、時間を追って並べてみます。(動きのない深夜の画像は省略しました)結局、ツボミが開き始めたのは、朝の7時ころからでした。

花のついたツルの先        
RIMG3606.jpg

  朝4時撮影    7時       7時30分
RIMG3612.jpg RIMG3617.jpg RIMG3618.jpg

    8時     8時30分    8時45分
RIMG3619.jpg RIMG3620.jpg RIMG3621.jpg

   9時      9時30分      10時
RIMG3623.jpg RIMG3625.jpg RIMG3626.jpg

開花 10時30分頃
RIMG3632.jpg RIMG3631.jpg

それから、新しい品種をつくるためには、交配のための花が必要です。そこで、アサガオを台木にして、接ぎ木をするのだそうです。そして、台木に長い夜を感じさせることで、接ぎ木したサツマイモに、花を咲かせる物質が送り込まれ開花を確実にさせるのだそうです。(田中教授)
いろいろ工夫がされているのですね。

久留米のG
植物 | コメント(0) |permalink
ツクシタツナミソウの花
5月24日高良山から耳納スカイラインを車で走っていたら、道端に紫の花の群落を見つけました。
RIMG2576.jpg

降りてよく見ると、三国の田んぼのあぜに咲いていたタツナミソウに似た花でした。
RIMG2578.jpg RIMG2579.jpg

サンプルとして1株持ち帰り図鑑で種の検索をし、写真を撮り、三国の田んぼの明るい場所に咲いていたものと比べてみました。
上が三国のもの、下がスカイラインのものです。
RIMG2582.jpg

タツナミソウとの見た目の違いは、
①葉は、長三角状卵形で葉肋に沿って色が薄く抜けている
RIMG2580.jpg

②花は、やや濃い紫 ③全体がずんぐりと直立して、脇からも花が上がっている などでした。
RIMG2583.jpg

このタツナミソウの種の確定がなかなかできず、「九州の花図鑑」の作画・解説をなさった益村聖先生宅をお尋ねしてようやく「ツクシタツナミソウ」だと判明しました。益村先生ありがとうございました。

高良大社では、6月1日に川渡り祭(へこかきまつり)があるので、事前に神社への道の草刈があったようで、5月27日に行ったらこのタツナミソウも刈り取られ、一番下の葉が所々残って紫の花はそこらに散らばっていました。
RIMG2595.jpg RIMG2596.jpg
この時期、ここいらの道端の花には大きな災難ですね。

久留米のG
植物 | コメント(0) |permalink
小さな花なのに
蕾だけかなと思ったら、目立たない花が咲いていました。さっそく、ヒメマルカツオブシムシが来ていました。
目立たない花-1 ヒメマルカツオブシムシ-2 
このカツオブシムシは、家の中でも発生していて、小さいので遠目には茶色にしか見えないのですが、本当はこんな模様です。

こんな場所には、やはり潜んでいますね。カニグモの仲間のようです。コハナグモ?でしょうか。
カニグモの仲間-3 コハナグモ-4

葉っぱにはイヌビワハマキモドキ、まわりにイヌビワは沢山生えています。 ゴンズイの花でした。
イヌビワハマキモドキ-5 ゴンズイ-6

日差しがあれば、もっといろんなものたちで賑やかだったことでしょう。
それにしても、どうして・・・・  この植物の、はじけた実と種のインパクトの強さは、ピカイチです。 なんとも不思議です。
⇒ 続きを読む
植物 | コメント(0) |permalink
花びらキャッチ
菜種梅雨で、花粉が少なく良い天気です。久々に九歴をまわってきました。

桜のトンネルなどソメイヨシノが満開で、少し散りかけていました。花びらキャッチと言いたくなるものがいろいろ。

イヌビワ上にも1枚、こちらの若葉には3枚も。 ニワトコの葉の上にはぺたぺたと。
花びらキャッチ-1 花びらキャッチ-2 花びらキャッチ-3

オジロアシナガゾウムシがしがみついているビロードイチゴの葉にも。
花びらキャッチ-7
桜は若葉もでてきました。明日からどんどん散り始めるのでしょうか?
桜-4

雨のおかげで季節が進んでいますね。ニワトコではすでに若い実になっているものもありました。 シナサワグルミは花がぶらさがっていました。 エノキも蕾や花が咲いていました。
ニワトコ若い実-5 シナサワグルミ花-6 エノキ花-8

丘上の原っぱ上空ではツバメが何羽も飛んでいました。ホオジロ、アトリ、ウグイスなどの声も響いていました。

代表M


植物 | コメント(0) |permalink
| home | next