FC2ブログ

三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
ヘラサギ
M木さんからの情報です。

「写真を、誤って削除してしまい残念なのですが、先週七日十時頃、小郡市の宝満川の浅瀬に、ヘラサギが一羽いました。川にクチバシを突っ込み、頭を左右に振っていましたので、間違いないと、思いました。」

M木さん、ありがとうございました。

もういないかも、と思いつつ、本日川沿いを車を流しましたら、1羽いました。初めは嘴を翼の中に入れていましたが、1本脚で立っていて、それっぽいなと思いましたら、やはり。
herasagi-1.jpg herasagi-2.jpg

M木さんの「頭を左右に振る」というのは、まさに餌をとるときにワイパーのように嘴を水の中にいれて動かすという姿ですね。

残念ながら、眼を放した隙にどこかに飛んでいっていなくなりました。
帰りに、干潟や横隈の過去に入ったことのある池を見ましたが、いませんでした。皆さんの前にもそのうち姿を見せるかもですね。

代表M
野鳥 | コメント(0) |permalink
9/23はどうだったかというと
飛びましたよー、ハチクマ、2回「も」(爆)
1回目は昼前、南側の樹林のギリギリ上遠めを時々羽ばたきながら。
そうですねー、右半身だけが10秒くらい。
地上では風がほとんどなくて蒸し暑い感じでしたし、雲の動きを見ていてもあんまり風がなさそうでしたので、高度がどんどん落ちていた感じ。見えるところで気流を見つけて旋回上昇して欲しいと思いつつ、そちらの方を見ていましたが、結局再び見えることはありませんでした。
昼から北東側の樹林上に旋回して登場!
おそらく歴史資料館建屋のちょっと北側くらいでしょうか。
数分かけて地上400mほどまで上がって西北西へ滑って行きました。
地図で見るとシュロアモールあたりを通過して高速道を越えたあたりで少し北向きに降下気味に消えました。
まあこちらのは渡りの典型のような飛翔を10分程度見られましたので、良かった良かった。
その10分後くらいからお見えになった方がいらっしゃって、何か申し訳ない感じですが。
写真はあるんですが、今手元にありませんので、代わりに今日25日14時前に春日原で見かけたヤツのをどうぞ。
1809hachikuma3333tr.jpg
高くて、普通は気が付かないと思いますが、400mくらいの高さでしょうか。慌てて双眼鏡を出して回りも見てみましたら、もっと高いところに点々と。全部で11羽でした。どうもそのあたりで800mくらいまで上がってから西へ行っていた塊の最後の2羽を見つけていたらしい。
望遠レンズ撮影ですが、元画像はこんな感じ。
1809hachikuma3333.jpg
高くてちっちゃーいのも見つけたら嬉しいですよー。
まだもうしばらくハチクマ見られると思います。
北からハイタカも入ってきだしましたんで、空見上げてみてください!
首が痛くならない程度に。

おまけで今夜25日、中秋の名月の翌日のほぼ満月をどうぞ。
1809moon157_3357.jpg
見事なお月さんでございます。

〇管理人M
野鳥 | コメント(1) |permalink
9/23 秋の渡り鳥ゲリラ観察やります‼
暦の上ではもう秋も盛りの中秋。
野鳥たちが越冬のために南の方へ渡って行く季節になってます。
三国でも去年に続いて渡っている鳥の観察をゲリラ式でやります。
1809hachikumaf3202.jpg 1809kosamebitaki3144.jpg 1809sendaimushikui3146.jpg
(↑写真は今週長崎県で撮った、左から ハチクマ、コサメビタキ、センダイムシクイ)

9月23日(日曜) 9:00頃-15時頃(状況や雰囲気次第)
弥生の丘(歴史資料館と三国が丘駅の間の丘の上)にて



【9/19追加】
ハチクマ渡り本格化!
1809hachikumas3266.jpg 1809hachikumas3272.jpg
西日本各地で1日で3桁の数の通過が見られるようになりました。
これから2週間ほどの間は、どこででも飛ぶ姿が見られる可能性が大きくなると思います。
とにかく西へ西へ向かう感じです!
おまけで西九州名物アカハラダカ
1809akaharadakas_quiz01_3236.jpg
九州西海岸をかすめるように北から南へ。
上の写真で306羽写ってます。


とりあえず大きくてその辺でも飛んでよさそうなハチクマ、ノスリ、チゴハヤブサなどの猛禽を念頭に見上げつつ、小鳥も出現次第チェックするというようなんで。
ゲリラですから、朝集合とか午後解散とか特にやりませんので、短時間でも気楽にぜひお出かけください。
まあ、せっかくお見えになったら、それらしい人にひと声かけてみてください。
お互いそのつもりだとわかれば資料を差し上げたり鳥の渡りのお話もできたりとお得ですんで。

今年は何か見られるかな~
〇管理人M
野鳥 | コメント(2) |permalink
ハチクマ渡ってます 連日
ハチクマの渡りと言うと圧倒的に秋のお彼岸頃が有名なのですが、毎年今時期(連休明け頃)になると高空を渡っていくのが見られます。おそらくこれらの多くは日本生まれで繁殖のために渡って来ると思われますので「帰ってきたところ」と言って良いと思います。
秋は東から西ですが、春(初夏)は西から東。朝鮮半島方向、つまり北から入って来るのも多いようですが、西から入ってくるのも決して少なくないと思います。
1409hachikumas6472.jpg
アイキャッチのために写真入れときまーす。今日の写真じゃありませんけど。
こんな感じで風に乗って上がって、グライダーのように滑って行きます。

んで、今日見たのは5羽の一団。12:40頃約2分間ウチの窓から肉眼で見ました。距離もあるし高さも高いから、米粒。
距離感や仰角などから、見たのはこんなところ。
01.jpg
時速60km以上でミサイルみたいに飛んでいるのを見つけて、前後にお連れさんはと見たら前にもうひとつ。1号車2号車みたいな感じ。高さは400mくらい。
西鉄大牟田線を越えたあたりで旋回を始めてくれたため2分「も」見られました。
旋回していると、ありゃありゃ、もうひとつ、いや3つ、上を旋回しています。全部で5羽。4号車と5号車だったのね。

(5/14記事追加)―――――――――――――――――――
毎日やっぱり通過してますね。ほんの少しの時間空を眺めただけで見つけられてます。
本記事の翌12日夕方17:15頃(空はまだ晴天で明るい)100mほどの高さ(低い)を1羽やってきてふらふら旋回して北東へ。
時間帯からも様子からも塒入りを意識したものかと。
そして14日16:05頃、100mほどの低空を滑翔で5号車まで5羽。あまりに高度が下がったため西鉄大牟田線を越えてから旋回上昇するも、もう夕方だしという感じで200mほどまでしか上がらないまま四王寺方向へまた滑って行きました。
今夜は四王寺泊まりでしょうか。
この数日の飛跡図をまとめてみました。どぞ。
1805.jpg
――――――――――――――――――――――――――


飛んできた方向へ線を伸ばしてみると、どうも片縄山(油山の南側)あたりから来たようです。多分この飛行条件なら7-8分以内で届きそうですからそこまではだいたい合ってそう。
その向こうは背振山系だから、北側を来たなら唐津あたりから入ったのかなー、南側なら平戸、佐世保北あたりからかなーなどと推測してみたりしますけど、わかりませんね。唐津あたりでも平戸あたりでも佐世保あたりでも飛ぶのは見られますし。
あーかな、こうかなーという想像がまた面白いのであります。
地理関係も含めてわかりやすいようにこんなふうに見た飛行線を単純に伸ばして図を作ってみたり。
02.jpg
まあ、そんなに大きくハズレた話ではないだろうと思います。

それにしても5月中旬に繁殖地に着いたとして、そこから繁殖して9月下旬にはまた南の国へ旅立つんですから、繁殖手早いですよね。さすがローヤルゼリーパワー。

〇管理人M
野鳥 | コメント(0) |permalink
アオサギの舌
N田さんからの投稿です。

21日に御笠川河川敷を散策して来ました。

とても暑い日だったので 口を開けて身体を冷やしていたのでしょうか。
アオサギ:口の中(舌)を始めてみました。面白い(?)形です。
帰りがけに、急ぎながら一枚のシャッタ-だったのですが もう少し落ち着いて撮りたかったと思っています。

aosagi-1.jpg


野鳥 | コメント(1) |permalink
| home | next