三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
タカ日和
今日は良いお天気でした。
花立山側のだだっ広い麦畑の中央を流れる川沿いの道は、すごい風でした。でも風が強いとやはり出ます。ハイタカです。
haitaka-1.jpg

しばらくするとノスリ。
nosuri -2

どちらも獲物は見つからなかったようでした。

干潟の田んぼになんとミサゴ。こんなところにとまっているのを見たのは初めてです。何か抱えているようです。こんなところに下りたということは獲物が重たいということでしょうか。獲物を食べています。でも、すぐにカラスに見つかってしまいました。
misago-3.jpg misago-4.jpg misago-5.jpg

飛び立ちました。なんだか長い獲物ですね。それにしても、尾羽が痛んでいます。これまでもカラスと格闘してきたのでしょう。
misago-6.jpg misago-7.jpg misago-8.jpg

もちろんカラスも追いかけます。岡田方向に下りたようでした。
misago-9.jpg misago-10.jpg

代表M



野鳥 | コメント(0) |permalink
再び ミヤマガラスとコクマルガラス 
これまでも何度か載せているミヤマガラスとコクマルガラスです。津古三沢の森林がカラスたち(ハシブトガラス、ハシボソガラス、ミヤマガラス、コクマルガラス)の塒になっているので、夕方塒前の集団がすごいですね。

自宅周りでは、1月10日からカラスたちが集まり始めました。彼らは塒前に集合するまで、田んぼや森林などで、餌を食べていますので、おそらく家の周辺の麦畑などが塒前に集まるその日最後の餌場となっているのだと思います。

ミヤマガラスの集団です。西日が当たっていると、こんな風に輝いて見えます。
ミヤマガラス-1

この集団の中に、コクマルガラスが混じっていることがあります。彼らはたいてい端っこにとまっています。ミヤマガラスより少し体が小さく嘴も短いですね。
コクマルガラス暗色型と淡色型-8 
コクマルガラスは、2タイプあり、白い↓が淡色型、灰色の↓が暗色型と呼ばれています。暗色型はここでは2羽とまっています。

ミヤマガラスが nGaaa nGaaa と大声で鳴くのに対して、コクマルガラスもよく鳴いています。 gkya gkya こんな音で飛んでいるときも、電線に止まっているときも大声が響きます。
鳴いているコクマルガラス-3

さて、コクマルガラスはどうして端っこにいることが多いのでしょう。実は、こんな風にミヤマガラスに邪魔だといわんばかりに追い出されるからです。
追い出されるコクマルガラス-5

大陸からずっと一緒に行動していても、ミヤマガラスにとっては目障りなんでしょうね。

夕方カラスたちは飛び回ります。その中に、コクマルガラスの小さな群れを見つけました。
飛び回るカラスたち-9 飛ぶコクマルガラス-10 飛ぶコクマルガラス-11

夕闇が迫る頃、カラスたちの塒入りが始まります。
塒に向うカラスたち-12

代表M



追記 一番上の画像を拡大するとミヤマガラスの幼鳥がいるのがわかりました。赤い↓です。画像を拡大して、↓の無い個体と比較してみてくださいね。ヒントは嘴の付け根です。
赤い↓ ミヤマガラス幼鳥 





野鳥 | コメント(0) |permalink
カモたち
昨日カモのいる池に行ってきました。
粉雪が舞っていて、寒かったですが、カモたちはさすがにお変わりない様子。

こちらはハシビロガモ。集団で円を描くような形で餌採りです。
ハシビロガモ-2

オカヨシガモの餌採りです。豪快に水を飛ばしながら池底から生えている水草をひっぱっているのではと思いました。
元にもどると、すぐに♀が寄ってきて、2羽で仲良くつっついているようです。カップルでシンクロしているみたいなものいました。
オカヨシガモ-3 オカヨシガモ-5    オカヨシガモ-6

オカヨシガモのすぐそばで、時折潜っていたキンクロハジロが大きな魚を捕まえました。おそらくオカヨシガモでかき回されて驚いて魚が飛び出したのでしょう。 別のキンクロ2羽が魚をよこせとばかりの追いかけます。獲物をとられては大変です。大急ぎで逃げていきます。横取りできないとわかったのか、追いかけていたキンクロが潜りました。でも、そんなに簡単には取れないようで、また追いかけます。結局、捕まえたキンクロの胃袋に収まったようでした。
キンクロハジロ-7 キンクロハジロ-8 キンクロハジロ-9

池の奥で騒ぎです。ハイタカがきたのか、ネコか人間が近づいたのかは分かりませんでしたが、一斉に逃げ出して私の方へ。
カルガモが高いところ、ホシハジロは低い位置でにげています。カルガモは大きいので、翼の飛翔の力が強いのかもしれません。
池の奥で騒ぎ-10 カモたち-11

しばらく警戒していましたが、すこしづつ、元の穏やかさを取り戻しました。 
警戒中-12 穏やかになったカモたち-13

昨年もアカハジロが入っていた同じ池です。今年も飛んできてくれたようです。

代表M



野鳥 | コメント(0) |permalink
5分間チェック 井ノ浦 など
カモが来てるかなと思って井ノ浦堤を見に寄ってみました。
いつものようにいつもの連中が来てました。
1711hidorigamos3440.jpg 1711magamos3442.jpg 1711yoshigamos3444.jpg
↑左からヒドリガモ、マガモ(カルガモ入り)、ヨシガモ
ザックリとですが、ヒドリガモ100、マガモ15、カルガモ15、ヨシガモ6、それにカワウ10
と、そんなとこでした。オカヨシガモが見当たらんかったです。
実はその後ダイキョーに車置いて少しちゃんと見て、買い物して帰ろうと思ってましたが、ダイキョーって閉店してたんですね。残念。実は結構気に入って寄ってたんですけどね。トライアルドラッグとかになってました。
ということでそのままスルーして資料館に寄りましたが、風が強く小鳥の声も少なく15分ほどで退散。
ハイタカはやっぱり飛びましたけど。
それと田んぼ側でノウサギの新しめの糞を記念撮影。
1711nousagi_fun3446.jpg

ミヤマガラスは西側の尾根裏に塒があるようで続々と集まってきて塒入り前の大騒ぎをやってました。
1711miyamagarasus3463.jpg

いまひとつパッとしない感じですんで、クイズみたいなのをくっつけます。
下の写真に鳥が写ってます。探してみてください。
1711atorim3402.jpg
1711atorif3408.jpg

拡大した写真を「続きを読む」にアップしときまーす。
ではでは。
○管理人M

⇒ 続きを読む
野鳥 | コメント(1) |permalink
福岡市街地上空もハチクマ渡ってますー
今日9/15室内系のお仕事で博多駅の近くに行きました。
昼過ぎに住吉神社前で食事して出て空を見上げましたら、ハチクマが2羽旋回してました。
地図で見たらちょうど春吉橋上空くらい。南西へ向かってました。
それから事務所に行って午後たまに外へ出て空を見ましたが、出るたびにやはりハチクマが飛んでました。
5分から10分観察を数回やった感じですが、合計40分ほどで9羽。
1609hachikumas2484.jpg
(写真は以前に撮った他所のものです)

通常なら西寄りのはずが台風で北東の風が吹いていまして、追い風。
そのためか、いつもは旋回上昇してグライダーのように滑空するのが定番なのですが、勝手が違うようで、ミヤマガラスみたいに旋回移動する様子が目立ちました。
ちょうど博多駅の真上を通るものも見られましたが、方向としては東の立花山から片江を結んだ線の一部みたいになりました。
これからしばらくは九州各地どこでもハチクマなどのタカが渡る姿が見られそうです。

○管理人M
野鳥 | コメント(0) |permalink
| home | next