三国丘陵の自然を楽しむ会ブログ

福岡県筑紫野市と小郡市、それに佐賀県基山町にまたがる三国丘陵の里山の自然を楽しく観察する「三国丘陵の自然を楽しむ会」のブログです。
私は誰でしょう
1  幼虫の頭部を見ると、毛の生えたニャッキ―みたいです。
RIMG3324.jpg

2  蛹にも部分的に毛が生えています。
RIMG3320.jpg RIMG3326.jpg

3  蛹を頭部からアップするとオットセイかアザラシのように見えました。
RIMG3325.jpg

4  幼虫は広食性で、ほとんどの木や草の葉を食べます。
RIMG3323.jpg

5  年1回7~8月に、羽化します。卵越冬(卵の中で1齢幼虫になっている)です。

6  成虫の♂が、ヒラヒラと舞うように飛ぶところからついた名前です。

7  ドクガ科に属する蛾です。

答えは・・・・
⇒ 続きを読む
未分類 | コメント(0) |permalink
6月2日の観察会
早くに画像をいただいていたのですが、遅くなってしまいました。 当日は青空だったようですね。代表は参加できなかったので、残念でした。 当日観察したものの一部です。画像のみで失礼。
RIMG3232.jpg

!cid_part3_BA62E8CC_07D09734@gmail.png !cid_part1_71DB590A_76579FAF@gmail.png 

!cid_part1_FC1390F8_F79A93BC@gmail.png !cid_part3_8CC95744_92C83BEB@gmail.png

!cid_part5_DABF6699_FB496012@gmail.png !cid_part7_27E707B6_CDD8A8F2@gmail.png 

RIMG3245.jpg 名称未設定-1

画像協力いただいた久留米のGさん、N田さん、M原さん、参加された皆さん、
ありがとうございました。

代表M




観察会 | コメント(0) |permalink
5月29日午前中
というふうに日付で書きたくなるくらいいろんなもんを見たのでございます。
三国とは直接関係ないんですが、アップしてみます。
その日は早朝5時から鳥のお仕事で島根県のとある山の中におりました。
と言っても市街地から近い標高も300m以下ですから、いわゆる山岳地帯のようなところではありませんが。
で、仕事上の打合せ通り8時から歩いて時々藪を掻き分けながら登って尾根の上の平らな場所へ。
8:30から11時までそこにいたのですが、まず大き目の鳥がヌーッと。
1805hachikumam1874_852.jpg
ハチクマです。先週佐賀ではまだ結構渡って行ってましたんで、これが渡りの途中なのか、この辺りで夏を過ごすものかはわかりません。写真を拡大すると眼(虹彩)が黒っぽいのがわかりますが、これは♂です。
ほんの数秒のできごとでした。

ハチクマは島根では何ら珍しいことはありませんが、序章ということでございやして。
「続きを読む」をクリックして続きをぜひ

⇒ 続きを読む
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
ハチクマ渡ってます 連日
ハチクマの渡りと言うと圧倒的に秋のお彼岸頃が有名なのですが、毎年今時期(連休明け頃)になると高空を渡っていくのが見られます。おそらくこれらの多くは日本生まれで繁殖のために渡って来ると思われますので「帰ってきたところ」と言って良いと思います。
秋は東から西ですが、春(初夏)は西から東。朝鮮半島方向、つまり北から入って来るのも多いようですが、西から入ってくるのも決して少なくないと思います。
1409hachikumas6472.jpg
アイキャッチのために写真入れときまーす。今日の写真じゃありませんけど。
こんな感じで風に乗って上がって、グライダーのように滑って行きます。

んで、今日見たのは5羽の一団。12:40頃約2分間ウチの窓から肉眼で見ました。距離もあるし高さも高いから、米粒。
距離感や仰角などから、見たのはこんなところ。
01.jpg
時速60km以上でミサイルみたいに飛んでいるのを見つけて、前後にお連れさんはと見たら前にもうひとつ。1号車2号車みたいな感じ。高さは400mくらい。
西鉄大牟田線を越えたあたりで旋回を始めてくれたため2分「も」見られました。
旋回していると、ありゃありゃ、もうひとつ、いや3つ、上を旋回しています。全部で5羽。4号車と5号車だったのね。

(5/14記事追加)―――――――――――――――――――
毎日やっぱり通過してますね。ほんの少しの時間空を眺めただけで見つけられてます。
本記事の翌12日夕方17:15頃(空はまだ晴天で明るい)100mほどの高さ(低い)を1羽やってきてふらふら旋回して北東へ。
時間帯からも様子からも塒入りを意識したものかと。
そして14日16:05頃、100mほどの低空を滑翔で5号車まで5羽。あまりに高度が下がったため西鉄大牟田線を越えてから旋回上昇するも、もう夕方だしという感じで200mほどまでしか上がらないまま四王寺方向へまた滑って行きました。
今夜は四王寺泊まりでしょうか。
この数日の飛跡図をまとめてみました。どぞ。
1805.jpg
――――――――――――――――――――――――――


飛んできた方向へ線を伸ばしてみると、どうも片縄山(油山の南側)あたりから来たようです。多分この飛行条件なら7-8分以内で届きそうですからそこまではだいたい合ってそう。
その向こうは背振山系だから、北側を来たなら唐津あたりから入ったのかなー、南側なら平戸、佐世保北あたりからかなーなどと推測してみたりしますけど、わかりませんね。唐津あたりでも平戸あたりでも佐世保あたりでも飛ぶのは見られますし。
あーかな、こうかなーという想像がまた面白いのであります。
地理関係も含めてわかりやすいようにこんなふうに見た飛行線を単純に伸ばして図を作ってみたり。
02.jpg
まあ、そんなに大きくハズレた話ではないだろうと思います。

それにしても5月中旬に繁殖地に着いたとして、そこから繁殖して9月下旬にはまた南の国へ旅立つんですから、繁殖手早いですよね。さすがローヤルゼリーパワー。

〇管理人M
野鳥 | コメント(0) |permalink
5月5日の観察会
代表Mさんがちょっとお忙しいんで、代わりに差し込んでおきまーす。

連休中で参加者は多いのか少ないのか?
結果は11名といつも通りまずまず賑やか。
朝から晴れてはいたものの、連日の高温は影を潜め風も強めで肌寒い。
時期的に期待していたハチクマは見られなかったものの、立夏らしい季節の草花や木々の柔らかい若葉、蝶アレコレやらジョウカイボン(甲虫)やら、ニホンアカガエルの様子、囀るホオジロやシジュウカラなど そんなこんなを和やかに観察。

皆さんからの写真はウチにはありませんので、賑わせで開始前9:13頃に飛んだハヤブサ(成鳥)と、みんなでしっかり見たクロヒカゲでも貼っときます。
1805hayabusa1101.jpg 1805kurohikage1112.jpg

それから、コナラ林の地面で拾った鳥の羽根ですけど、やっぱりハイタカみたいです。断定までは行かんですけど。
バラバラに拾ったものを元の形に復元して並べてみました。
180506haitakahane_frame.jpg
あのバラバラで損傷があったのをまとめてみたらこんなに美しくなりましたよー。
まあ、右側の手羽中と手羽先(もちろん食肉用語ですばい)の羽根でした。
6月観察会に持って行きますんで、間近でご覧くださいね。
洗ってアルコール消毒してありますのでご安心を。
んで、その後どなたかにこれをプレゼントしまっせ。

〇管理人M
自然観察全般 | コメント(0) |permalink
| home | next